プレスリリース

地球環境戦略研究機関(IGES)
2050日本低炭素ナビeラーニングシリーズ
「あなたがナビする未来エネルギーの道筋」を制作

2016年5月23日

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、2050日本低炭素ナビ e ラーニングシリーズ「あなたがナビする未来エネルギーの道筋:低炭素で持続可能な社会に向けて」を本日発表しました。このeラーニングビデオは、IGESと国立環境研究所(NIES)が一般向けに開発したウェブツール「日本版2050 パスウェイ・カリキュレーター(2050低炭素ナビ)」について詳しく紹介するものです。

昨年末のCOP21において新たな国際枠組み「パリ協定」が採択され、世界は低炭素社会の構築に向けて動き出しています。東日本大震災後の日本では現在、総電力の9割が化石燃料を燃やす発電方法により供給されており、温室効果ガスを削減しながらどのようにしてエネルギー供給の安定化を図っていくのかが大きな課題となっています。「2050低炭素ナビ」では、今後数十年の間にエネルギー構造がどう転換していくのか、そして温室効果ガス排出量、エネルギー安全保障、電源構成、エネルギー技術開発がどのように推移し、経済的にどう影響するかといったデータを参照しながら、2050年までのエネルギーシナリオと関連する影響をシミュレーションし、様々なエネルギー政策や温暖化対策を組み合わせて低炭素社会に向けた日本の道筋や選択肢を自ら考えることができます。

  1. 2050 日本低炭素ナビ e ラーニングシリーズ
    「あなたがナビする未来エネルギーの道筋:低炭素で持続可能な社会に向けて」

ページの先頭へ戻る