プレスリリース

人と自然の共存を目指す
GEF-SATOYAMAプロジェクトが始動!

2015年10月1日

地球環境戦略研究機関(IGES)は、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CIジャパン)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)と共同でGEF-SATOYAMAプロジェクトを立ち上げました。(※2015年9月18日付けお知らせ参照)

プロジェクト本格始動の第一歩として、インドビルマ生物多様性ホットスポット(インドシナ半島)を対象に、本プロジェクトが支援する現地型プロジェクトを2015年10月1日より公募します(募集期間は11月18日まで)。1件に対する支援額の規模は最大10万ドルで、実施期間は3年間です。支援を受けるプロジェクトは、現地での成果に留まらず、GEF-SATOYAMAプロジェクトの他の活動を通じて、世界中にある、里山のように人と自然が共存する環境の保全に貢献する取り組みとなることが期待されます。同様の公募を、「熱帯アンデス」、「マダガスカルおよびインド洋諸島」それぞれの生物多様性ホットスポットでも順次行います。

GEF-SATOYAMAプロジェクトでは、里山のように人と自然が共存する環境を対象に、伝統的知識を取り込み、ジェンダーへの配慮を含めステークホルダーの幅広い参画を受けて実施されるこれらの環境の保全、再生、創成に関わるプロジェクトを募集します。生物多様性の保全と人々の生活の発展が共存することを具体的に示すことで、生物多様性条約の「愛知目標」の達成に貢献するとともに、「国連生物多様性の10年」や「持続可能な開発目標(SDGs)」が目指す、自然と共存する持続可能な社会の実現を国際的に進めるためのモデルを形成していきます。

詳細: 添付PDF(198KB)参照
公募情報: "GEF-Satoyama Project"CALL FOR PROPOSALS (CIジャパンウェブサイト・英語)

ページの先頭へ戻る