プレスリリース

地球環境戦略研究機関(IGES)/ 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
第7回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2015】開催
変革へのソリューション:2030年に向けた多様なパートナーとの連携強化~
<ISAP2015 テーマ:気候変動とSDGs>

2015年6月19日

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)と国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、7月28日(火)と29日(水)、パシフィコ横浜にて第7回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2015】を開催いたします。

2015年は、2020年以降の国際的な気候変動枠組みと持続可能な開発に向けた国際的な開発目標(SDGs)が策定される予定であり、気候変動と持続可能な開発のための転機を迎える年となります。そのような国際的に重要な事項の取り決めが進む中、ISAP2015ではその「気候変動」と「SDGs」をメインテーマとし、専門家やステークホルダー等多様なパートナーとの議論を深め、連携の強化を図ることにより、両テーマについての現状と今後の展望についてのメッセージを発信していきます。

ISAP2015では第一線で活躍されている国内外の有識者や論客の登壇を予定しております。是非奮ってご参加ください。


【登壇予定(一部抜粋・順不同)】

  • ジェフリー・D・サックス 持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)ディレクター/コロンビア大学地球研究所長
  • 川口 順子 明治大学 国際総合研究所特任教授
  • 玉木 林太郎 経済協力開発機構(OECD)事務次長兼チーフエコノミスト代理
  • 石井 菜穂子 地球環境ファシリティ(GEF)CEO兼議長/持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)ジャパン国際アドバイザー
  • 住 明正 国立環境研究所(NIES)理事長
  • シャムシャド・アクタール 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)事務局長
  • カジ・コリクザマン・アマド バングラデシュ・マイクロファイナンス研究所長
  • ラエ・クォン・チュン 国連事務総長室気候変動担当上級顧問

【ISAP2015開催概要】

日程 2015年7月28日(火)・29日(水)
1日目: 7月28日(火) 9:30-17:25
2日目: 7月29日(水) 9:30-17:45(両日共に9:00開場・受付開始)
会場 パシフィコ横浜 会議センター
(横浜市西区みなとみらい1-1-1 http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html)
主催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)、
国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
協力 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)、アジア開発銀行(ADB)、
経済協力開発機構(OECD) 他
言語 日本語/英語 (同時通訳付き・一部英語もしくは日本語のみ)
参加費 無料
定員 各セッションにより異なります。詳細はプログラムをご参照ください。
申込方法 IGESお申込みサイト (http://www.iges.or.jp/isap/2015/jp/) よりお申込みください。
申込締切 2015年7月17日(金)
お問い合わせ ISAP事務局 Tel: 046-855-3700 Email: isap2015-info@iges.or.jp

ページの先頭へ戻る