プレスリリース

横浜市と連携協定を締結
~Y-PORTセンターを通じ新興国の都市課題解決に取り組みます~

2015年3月3日

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、横浜市と連携・協力に関する協定を締結しました。これにより横浜市が企業やアジア都市間ネットワーク(CITYNET)の参画により構築する「Y-PORTセンター」にIGESも加わり、Y-PORTセンターの活動を通じて新興国における環境と経済が調和した持続可能な社会の実現と低炭素化社会の構築に取り組みます。

これまでも、IGESと横浜市は、横浜市が進める公民連携による国際技術協力(Y-PORT)事業を通じて持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP)やアジア・スマートシティ会議等において連携してきました。今回の新たな協定の締結により、今後双方のネットワークや知見を最大に活用し、新興国における持続可能な開発や低炭素化社会実現のための共同事業の実施を進めてまいります。


連携内容
  • 1) 新興国における持続的開発、低炭素化社会実現のための共同事業の実施
  • 2) 横浜市及び市内企業などが有する都市づくりに関する技術やノウハウの活用
  • 3) コンベンション、展示会、学術セミナーなどの共催
  • 4) 人材交流の推進
  • 5) ネットワーク活動の推進
  • 6) その他本協定の目的達成に資すること

またIGESは、同日に、2010年にアジア開発銀行(ADB)と結びました、気候変動及び環境マネジメントの分野で協力を深めていくための覚書(Letter of Intent)を延長いたしました。これは覚書が2015年に期限切れを迎えるにあたり、更に5年延長するものであり、今後ますます深刻化するアジアにおける気候変動問題の課題解決に向けて、より一層強化した取り組みを行ってまいります。

Y-PORTセンターについて

横浜市のY-PORT事業をさらに強力に推進するため、2015年度中にIGES・横浜市・専門機関・企業等が連携し共同事業を行う「Y-PORTセンター」を構築します。

※ 本件については、横浜市から横浜市政記者会へも同時に発表予定です。

ページの先頭へ戻る