6件中 1~6件 (日付順)
お知らせ
2020年7月21日

G20に向けて全米商工会議所と海洋プラスチック問題に関するオンライン会合を共催

2020年7月9日、地球環境戦略研究機関(IGES)は、全米商工会議所(United States Chamber of Commerce、本部:ワシントンD.C.)による持続可能な成長のための国際政策連合(International Policy Coalition for Sustainable Growth)と、オンライン会合「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン実現を目指す国際対話:東南アジアにおける海洋プラスチック問題に取り組むための政策とビジネス・ソリューション」を共催しました。これは...
お知らせ
2020年3月26日

IPBES地球規模評価報告書政策決定者向け要約(日本語版)の公開

3月26日、IPBES「生物多様性と生態系サービスに関する地球規模評価報告書」の政策決定者向け要約(SPM)の日本語版が公開されました。この日本語版は、環境省とともに、IGESが翻訳に携わったものです。 IPBESは、生物多様性と生態系サービスに関する科学や伝統知識などの幅広い知見を収集・体系化し、中立的な立場からこうした知見に基づく政策の実現を支援する政府間組織で、「生物多様性版のIPCC」とも呼ばれています。IGESは2015年から「生物多様性・生態系サービスに関するアジア...
プレスリリース
2019年11月21日

シンポジウム「自然共生社会の実現に向けた社会変革~ IPBES地球規模評価を踏まえて次期生物多様性世界目標を考える」の共催 ―最新の地球規模の包括的な科学評価報告書を受けて―

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、12月21日に東京で開催される環境省主催のシンポジウム「自然共生社会の実現に向けた社会変革~IPBES地球規模評価を踏まえて次期生物多様性世界目標を考える」を共催いたします。これは、全世界における人と自然との関わりについての最新の包括的な科学評価である「生物多様性と生態系サービスに関する地球規模評価報告書(以下、IPBES地球規模評価報告書)」の発表を受けたもので、同報告書からの主要なメッセージを日本語で解説し...
お知らせ
2019年2月27日

IGESのプラスチックゴミへの取り組み IGESエコアクション21委員会

プラスチックによる海洋汚染への関心が高まる中、IGESでも環境省および神奈川県のイニシアチブに参加して取り組みを強化することにしました。 環境省「プラスチック・スマート」キャンペーン・フォーラム 環境省は去る1月23日に、日本国内の40の企業・団体の賛同とともに「プラスチック・スマート」フォーラムを立ち上げました。IGESは同フォーラムに賛同し以下の取り組みをすることを宣言しました。 1. 持続可能な消費と生産の視点から、環境上適正な廃棄物管理...
お知らせ
2018年10月22日

循環経済・資源効率に関する特設ページを公開しました

IGESでは海洋汚染に端を発するプラスチックごみ問題を中心とした、諸問題のグローバルな関心の高まりを受け、循環経済・資源効率に関する特設ページを公開しました。 「循環経済・資源効率」特設ページ 現在日本ではプラスチック資源循環戦略が策定準備されており、日本が議長国を務める2019年のG20でも「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」を開催し、国際的な議論をリードすることが期待されています。 このような状況を踏まえ、この特設ページでは循環経済・資源効率に関連する...
お知らせ
2018年9月27日

世界循環経済フォーラム2018開催

10月22日-24日、パシフィコ横浜にて日本の環境省とフィンランド政府イノベーション基金(SITRA)の主催による、「世界循環経済フォーラム2018(WCEF2018)」が開催されます。IGESは特別協力(キーパートナー)として参加いたします。本フォーラムでは、世界各国から民間企業、政府関係者その他の循環経済に関わる様々なステークホルダー1,000名程度が参加し、循環経済に関する知見やベストプラクティス等について国際的な議論が行われる予定です。 循環型社会の構築に向けた、ライフスタイルの変革...