IGESコメンタリー

国際交渉の速報および動向や、環境問題に関するIGES研究員の考察をコメンタリー形式でお届けします。

FY2017
  1. 中国共産党大会は環境政策を変えるのか (2017年10月)
    プリンシパルフェロー 星山 隆
  2. 今回の中国・政府活動報告を環境 / 社会の切り口から見通す-国際的な発言力強化の狙いは国内の雇用面から一定の制約も (2017年4月)
    IGES統括研究ディレクター、プリンシパルフェロー 石井 哲也
FY2016
  1. 中国、G20を機に構造改革に深く取り組む決意を表明-パリ協定批准の国内的意味合い (2016年10月)
    IGES統括研究ディレクター、プリンシパルフェロー 石井 哲也
  2. 地球規模での2℃目標は達成可能:グローバル・カリキュレーターのメッセージ (2016年9月)
    IGESシニアフェロー 松下 和夫
FY2015
  1. 2015年ネパール大震災で既存の水及び災害管理に関する変革の必要性が明らかに (2015年6月)
    IGES自然資源・生態系サービス ビナヤ ラズ シバコティ、 アジア工科大学(AIT) Sangam Shrestha、IGES自然資源・生態系サービス 久山 哲雄
FY2014
  1. 【特別寄稿】気候変動の影響への適応策と今後の課題 - 日本の動向 - (2014年8月)
    環境省地球環境局研究調査室 野本 卓也
  2. Initial Observations on National Positions on Sustainable Consumption and Production and Means of Implementation under the SDGs Open Working Group (OWG) (2014年4月)
    持続可能な社会のための政策統合エリア 吉田 哲郎、宮澤 郁穂
  3. スリランカで進む"廃棄物の堆肥化" (2014年4月)
    持続可能な都市エリア(北九州アーバンセンター) プレマクマラ・ジャガット・ディキャラ・ガマラララゲ
FY2013
  1. IPBES第2回総会での合意と課題 -2014年~2018年の作業計画
    グリーン経済エリア 蒲谷 景 (2014年1月)
  2. ミャンマーは、緑の国であり続けられるか?
    気候変動とエネルギーエリア 碓井 健太 (2014年1月 IGES ニュースレターより)
  3. 着実に進むインドネシアの気候変動政策
    プログラム マネージメント オフィス (PMO) 市原 純 (2013年9月 IGES ニュースレターより)
  4. Post-2015 global goal setting: attention to ownership, partnership and evidence needed
    持続可能な社会のための政策統合エリア 宮澤 郁穂、吉田 哲郎 (2013年6月)
  5. 低炭素アジアを目指す研究ネットワーク
    プログラム マネージメント オフィス (PMO) 石川 智子 (2013年5月 IGES ニュースレターより)
FY2012
  1. 韓国の新政権の「国民幸福政策」
    関西研究センター 昔 宣希 (2013年1月 IGES ニュースレターより)
  2. ポスト2015年開発アジェンダに関するバリ地域会合: 地球環境資源制約の下、開発目標はどうあるべきか? ポストMDGsとSDGsプロセスを統合するためのシナリオ案
    プログラム マネージメント オフィス 宮澤 郁穂 (2012年12月21日)
  3. Why one framework with a single set of Universal goals will be crucial for sustainable development Post 2015
    ガバナンスと能力グループ サイモン オルセン (2012年12月10日)
  4. Discussing ways to achieve the new normal
    ガバナンスと能力グループ サイモン オルセン (2012年11月30日)
  5. リオ+ 20 会合でのグリーン経済議論の考察
    経済と環境グループ 小嶋 公史 (2012年11月9日)
  6. 国際応用システム分析研究所(IIASA)での研究から得たもの
    経済と環境グループ アニンディヤ・バタチャリヤ (2012年10月 IGES ニュースレターより)
  7. Reflections on Rio+20: The Glass is Half Full, But Stop Preaching to the Converted
    ガバナンスと能力グループ マーク エルダー (2012年8月28日)
  8. 日本のエネルギー需給・GHG排出はどうなる?
    気候変動グループ 倉持 壮 (2012年6月 IGES ニュースレターより)
  9. A legacy is kept alive - barely
    ガバナンスと能力グループ サイモン オルセン (2012年6月29日)
  10. リオ+20第2回成果文書交渉会合に参加して
    プログラム マネージメント オフィス  藤原 聖也・宮澤 郁穂 (2012年5月)
  11. Towards an ambitious outcome at Rio+20
    ガバナンスと能力グループ サイモン オルセン (2012年4月)
     «COP18 現地レポート»
  1. 適応基金を巡る議論  -運用化から2年が経過して-
    気候変動グループ 清水 規子 (2012年12月12日)
  2. 気候変動に伴う損失と被害:途上国にとっての譲れない一線
    気候変動グループ 田村 堅太郎 (2012年12月11日)
  3. 気候資金の鍵を握る民間資金の導入に向けて -緑の気候基金(GCF)における民間資金への期待と課題-
    気候変動グループ LCS-RNet 脇山 尚子 (2012年12月7日)
  4. 世界で注目されてきた気候変動対策としての省エネの役割 -排出削減に向けた各国の省エネ政策の実施動向-
    気候変動グループ LCS-RNet 脇山 尚子 (2012年12月6日)
  5. 気候危機回避に向けて、人類の知恵を結集しはじめた世界
    気候変動グループ LCS-RNet / LoCARNet事務局 石川 智子 (2012年12月5日)
  6. コミュニティによる森林モニタリングの可能性
    森林保全チーム 山ノ下 麻木乃 (2012年12月4日)
  7. 『排出枠取引の継続断念も=日本、京都延長不参加で』報道 について思ったこと
    市場メカニズムグループ 二宮 康司 (2012年11月30日)
FY2011
  1. ゼロドラフトや各国意見から見えてきたリオ+20におけるグリーン経済の論点
    経済と環境グループ 蒲谷 景 (2012年2月)
  2. うちエコ診断の政策化と節電への活用
    関西研究センター 飯野 博夫 (2012年2月 IGES ニュースレターより)
  3. Public Support for Rio+20
    ガバナンスと能力グループ サイモン オルセン (2012年1月)
  4. UNCSD第2回会期間会合に参加して:リオ+20に向けた複雑な思いと期待:
    リオ+20は、持続可能な開発に係る多国間プロセスの 新たな先例となり得るか

    プログラム マネージメント オフィス  宮澤 郁穂 (2011年12月)
  5. “エネルギー以外の資源” にも注目 〜持続可能な資源管理〜
    持続可能な消費と生産グループ 粟生木 千佳 (2011年11月 IGES ニュースレターより)
  6. リオ+20は歴史の転回点となれるか?
    プログラム マネージメント オフィス  大塚 隆志 (2011年6月 IGES ニュースレターより)
FY2010
  1. “ブロックバスター・エコノミクス”<大規模な成長経済>を考え直す
    持続可能な消費と生産グループ ルイス・アケンジ (2011年2月 IGES ニュースレターより)
  2. “My way” に対する違和感
    気候変動グループ 明日香 壽川 (2010年11月 IGES ニュースレターより)
  3. 研究者と他者とのコミュニケーションの重要さと難しさ
    IPCCインベントリータスクフォース技術支援ユニット(TSU) 
    田辺 清人 (2010年6月 IGES ニュースレターより)

ページの先頭へ戻る