COP21速報セミナー

地球温暖化対策の今後の展望

平成27年11月30日から12月13日までフランス・パリで開催された国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(UNFCCC COP21)での議論の内容や今後の展望について、COP21に参加し国際交渉の最前線を支えた公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)研究員が報告し、議論を深めました。

日 時 2016年1月13日(水) 14:00~16:00 ( 開場:13:30)
場 所 公益財団法人 神奈川産業振興センター(神奈川県横浜市中区尾上町5-80) >>アクセス
主 催 神奈川県
公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
参加者 72名
参加費 無料
プログラム
14:00-14:05 主催者挨拶
塚本 直也 IGES 統括研究プログラムマネージャー事務局長
14:05-14:20
  • 講演1
  • COP21の背景 -なぜCOP21で温室効果ガス削減の枠組みを目指そうとしているのかー
吉野 まどか IGES気候変動とエネルギー領域研究員

PDF(3.7MB)
14:20-14:40
  • 講演2
  • COP21の意義や特色
  • COP21の成果、合意内容 ーCOP21の舞台裏ー
  • 温暖化対策の今後の展望
田村 堅太郎 IGES関西研究センター副所長 

PDF(362KB)
14:40-14:55 休憩
14:55-15:10
  • 講演3
  • COP21における自治体の役割 -今後の期待ー
三木 はる香 IGES気候変動とエネルギー領域研究員

PDF(857KB)
15:10-15:25
  • 講演4
  • IGESの取組
  • COP21においてIGESの果たした役割
石川 智子 IGESグリーン経済領域タスクマネージャー

PDF(1.2MB)
15:25-16:00 全体質疑応答
16:00 閉会
写真

ページの先頭へ戻る