気候変動とエネルギー

JCMワークショップ

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、カンボジア環境省気候変動局(Department of Climate Change, Ministry of Environment)、持続可能な持続可能な開発評議会事務局(General Secretariat of National Council for Sustainable Development: GSSD)と共催で、2018年1月16日にカンボジア・プノンペン市にてJCMワークショップを開催しました。本ワークショップは、低炭素技術の普及による持続可能な開発を目指し、パートナー国におけるJCMのモデル・プロジェクトの経験を共有し、普及・啓発することを目的としています。IGES研究員は、「パリ協定下におけるCDMとJCM」、「太陽光発電を事例としたJCMモデル・プロジェクトの資金支援」、「ADBのJCM日本基金の活用」に関する発表を行いました。プロジェクトに参加した企業からの発表では、JCM制度の活用に関する知見が共有されました。政府関係者、民間事業者など約50名が参加し、今後のカンボジアにおけるJCMのさらなる発展について、活発な議論が行われました。

日 時 2018年1月16日
会 場 Hotel Cambodiana
主 催 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
カンボジア環境省気候変動局(DCC, MOE)
持続可能な開発評議会事務局(GSSD)
使用言語 英語・クメール語
参加者数 約50名
プログラム ダウンロード(120KB 英語のみ)
Photos

ページの先頭へ戻る