気候変動とエネルギー / 市場メカニズム

二国間クレジット制度に関する普及啓発ワークショップ

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)と持続可能な開発評議会事務局は、政府及び民間事業者向けに、二国間クレジット制度(JCM)に関するワークショップを2016年10月21日に開催しました。

IGESからはJCMの進展の紹介を目的に、カンボジア国内のJCM事業であるLED街路灯及び太陽光発電導入事例を紹介するとともに、他のASEAN諸国における事例紹介を中心に発表を行いました。また、パートナー国側のプロジェクトニーズを収集し、日本側の企業との案件組成を促すJCMマッチメイキングプラットフォームを紹介致しました。持続可能な開発評議会事務局気候変動局はJCMにおける合同委員会、第三者機関の役割や方法論の承認プロセスやGHG削減量の特定方法を説明しました。海外環境協力センター(OECC)はこれまでの案件組成の経験を共有しました。質疑応答のセッションでは、インドネシア、モンゴルにおけるクレジット発行の経験の共有と太陽光発電の余剰買取制度の重要性が議論されました。また、JCMのプロジェクト参加者からはJCMにおけるプロジェクト支援制度は、他の制度と比較しても効果的であることが共有されました。

JCM制度概要 「JCM in CHARTS for Cambodia」

日 時 2016年10月21日
会 場 カンボジアーナホテル、プノンペン、カンボジア
主 催 (公財)地球環境戦略研究機関(IGES)、カンボジア環境省
言 語 クメール語 / 英語(同時通訳)
参加者数 60名
プログラム PDF (40KB)
関連サイト Cambodia's Official Climate Change Website

ページの先頭へ戻る