気候変動とエネルギー

二国間クレジットに関するセミナー

地球環境戦略研究機関(IGES)とモンゴル自然保護基金・モンゴル環境観光省は、モンゴル・ウランバートルで二国間クレジット(JCM)のセミナーを行いました。

本セミナーでは、JCM資金支援事業のプロジェクト事例として、新空港近郊における15MW太陽光発電システムの導入プロジェクトが紹介されました。
モンゴルを代表する電力会社であるTenuun Gerel Construction LLCが直接得られた経験を共有することで、本セミナーに参加したJCM候補企業はモンゴル企業の発電所の建設やJCM資金支援事業からの支援獲得などプロジェクト開発の教訓を学ぶことができました。また、JCMを通じて、最適なメリットを受けるためのプロジェクト開発のためのヒントが紹介されたほか、モンゴル政府により再生可能エネルギープロジェクトに対して提供される資金インセンティブに関する詳細説明が行われました。 更に、本イベントでは、モンゴルJCM事務局・IGESよりモンゴルにおける民間セクターの気候変動緩和活動への貢献に関するビデオやJCMプロジェクトを通じた持続可能な開発への貢献を評価するツールを紹介しました。

日 時 2018年10月23日
会 場 ウランバートル、Bishrelt Hotel
主 催 (公財) 地球環境戦略研究機関(IGES)
共 催 モンゴル自然保護基金・モンゴル環境観光省
使用言語 モンゴル語・英語
参加者数 39名
写真

ページの先頭へ戻る