気候変動とエネルギー

JCM(二国間クレジット制度)と
低炭素技術導入に向けたワークショップ

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、環境天然資源省環境管理局(EMB-DENR)と共催で、2018年2月20日にフィリピン・マニラ市にてJCM(二国間クレジット制度:Joint Crediting Mechanism)ワークショップを開催しました。本ワークショップは、低炭素技術の普及による持続可能な開発を目指し、パートナー国におけるJCM制度の普及・啓発を目的としています。IGES研究員は、「JCMモデルプロジェクトと資金支援制度」、「IGESのプロジェクト発展に向けたMRV(測定・報告・検証)支援」に関する発表を行いました。さらに、フィリピン環境省気候変動委員会からは、「低炭素技術発展に向けたフィリピンの政策」、アジア開発銀行(ADB)からは「ADBのJCM日本基金の活用」に関する発表が行われ、フィリピンにおけるJCM案件化の促進のために、多様なアプローチが用いられていることが紹介されました。政府関係者、民間事業者など約60名が参加し、活発な議論を通じてJCM制度や方法論の理解を深めることができました。

日 時 2018年2月20日
会 場 Environmental Management Bureau (EMB) Air Quality Management Training Center
主 催 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
フィリピン環境天然資源省環境管理局
使用言語 英語
参加者数 約60名
写真

ページの先頭へ戻る