日中都市間連携協力事業とは

フェーズ1:中国大気環境改善のための都市間連携協力

日中都市間連携協力事業は、環境省が2014年度から継続して実施している中国大気環境改善のための協力事業です。2014年度から18年度までの5年間は、既存の日中友好都市間等の良好な交流協力関係等を基礎にし、両都市間の大気汚染対策分野での交流協力を更に一歩進めていくことを主たる目的として実施しました。大気汚染対策分野において、豊富な経験を有する日本の地方自治体を中心とした関係機関の知見やノウハウを活用し、中国の主要都市における人材育成・能力構築を中心とした協力を実施しました。この5年間の協力をフェーズ1と呼んでいます。フェーズ1の協力成果は、2019年3月に環境省から公表されています。
(フェーズ1の概要は、過去のページへ

フェーズ2:大気環境改善のための研究とモデル事業の協力

フェーズ1最終年度の2018年6月23日に、中国・蘇州市で日中両国の環境大臣が会談し、「日本国環境省及び中華人民共和国生態環境部による大気環境改善のための研究とモデル事業の協力実施に関する覚書」に署名しました。この覚書に基づき、フェーズ1で構築した双方の信頼関係と蓄積した経験をもとに、大気環境改善のための研究とモデル事業の協力を開始することになりました。この協力をフェーズ2と呼んでいます。2018年から準備に着手し、2019年度から本格的に実施しています。
(フェーズ2の概要は、こちら