ビジネス・タスクフォース

再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて
-日本のマルチステークホルダーの取り組み-


PDF
(875KB)

本シンポジウムでは、再エネ導入において先陣を切る国内外のゲストをお招きし、持続可能なエネルギー転換に向けて、これからの各界の取り組みを加速させるために、活発な議論を交わします。また、本シンポジウムは、政府・地方自治体・企業・NGOのマルチステークホルダー協働による「タラノア対話(※)」として実施され、会場は日本で初めて自然エネルギー100%大学を目指すことを打ち出した、千葉商科大学において開催されます。

(※)タラノア対話とは、パリ協定の目標を達成するために、世界全体の温室効果ガス排出削減の取り組みに関する優良事例を共有し、目標達成に向けた取組意欲の向上を目指すものです。

日 時 2018年8月23日 13時~16時30分(開場12:30)
場 所 千葉商科大学 7号館 702教室(千葉県市川市国府台1-3-1)≫ アクセス
  • JR総武線 市川駅下車 徒歩約20分。
    [バス利用の場合は、駅前形成バス1番乗り場より松戸駅行または松戸営業所行に乗車 約10分、「和洋女子大前」下車 徒歩3分]
  • 京成線 国府台駅下車 徒歩約10分
共 催 外務省・環境省・イクレイ日本・CAN-Japan・日本気候リーダーズパートナーシップ(Japan-CLP)
協 賛 自然電力株式会社・大和ハウス工業株式会社
協 力 地球環境戦略研究機関(IGES)・千葉商科大学・Climate Action Network International・The Climate Group(予定)・ICLEI – Local Governments for Sustainability(予定)・We Mean Business(予定)
参加費 無料
参加申込・詳 細 https://go100re.jp/1125
開催案内 ダウンロード(875KB)

ページの先頭へ戻る