ニュース&イベント
■アジア・コベネフィット・パートナーシップの設立について(報告)
2010年11月15日
アジアにおいて気候変動問題に取り組む上で、大気汚染対策や開発政策等による便益との相乗効果を図る「コベネフィット・アプローチ」が国・地方レベルでの効果的な方策として期待されています。こうした中、2010年11月9日、日本国環境省の協力の下、アジア・コベネフィット・パートナーシップが設立され、財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)(理事長:浜中裕徳)がその事務局に就任しました。

同パートナーシップには、アジアの政府機関、国際機関、研究機関、企業、市民などの参加が予定されています。そこでの共同研究等に基づく評価手法の開発や政策立案者等を対象としたキャパシティ・ビルディングの実施を通じて、アジア諸国の環境政策・開発計画などにおいてコベネフィット・アプローチを主流化し、コベネフィット型事業(途上国が取り組む気候変動緩和行動への貢献を含む)の普及を目指します。

同パートナーシップの運営協力体制として、アジア政府機関、国際機関(アジア開発銀行(ADB)、国連環境計画(UNEP)、等)、及び関連セクター機関からなるアドバイザリー・グループが設置されます。IGESは事務局として、関連する研究の推進や会合・セミナーの開催等を通じて、同パートナーシップの活動を積極的に支援していく予定です。

--------------------

* 2010年11月9~11日にシンガポールで開催された「よりよい大気環境2010年会合(BAQ2010)」(主催:アジア・クリーン・エア・イニシアティブ)において設立


添付資料:
アジア・コベネフィット・パートナーシップ 2010/2011年作業計画(英文)181KB

参考資料:
-環境省によるプレスリリース
-CAI-AISAウェブサイト
参考情報:設立経緯
2009年6月に開催された「第1回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2009)」(主催:IGES、於:神奈川県・葉山町)において、参加した政策決定者や専門家から、アジアにおけるコベネフィットに係るステークホルダー間の協力や技術・情報・ノウハウの共有化・ネットワーク化の重要性が強調され、コベネフィットに係るネットワークを創設することが提案された。
上記を受け、2009年10月及び2010年3月の二度にわたり、主要国際機関や政府機関からの代表者がタイ・バンコクに集まり、アジア・コベネフィット・パートナーシップを設立する上での活動目的、メンバー、任務、活動内容に関する事項を決定するためのフォローアップ会合が開催された。
 

【本プレスリリースに係る問合わせ先】
IGESプログラム・マネージメント・オフィス
シニアフェロー 吉國譲治
Email: yoshikuni@iges.or.jp
Tel: 046-855-3741

気候変動グループ
研究補助 宮塚亜希子
Email: miyatsuka@iges.or.jp
Tel: 046-855-3819

IGES 広報担当:城戸めぐみ
Email: iges@iges.or.jp
Tel: 046-855-3720

(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
Tel: 046-855-3720 / Fax: 046-855-3709
ホームページアドレス: http://www.iges.or.jp/

ページの先頭へ戻る