ニュース&イベント
■慶應義塾大学との「低炭素社会デザインコース」開設に係る協働について
2008年9月16日

財団法人地球環境戦略研究機関(IGES、神奈川県葉山町 理事長 浜中裕徳)は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科に設置される「低炭素社会デザインコース」の設計に携わって参りましたが、この度、その概要が決まりましたので、お知らせいたします。

IGESからは、浜中裕徳理事長及び水野勇史気候変動領域市場メカニズムプロジェクトマネージャーが講師陣に参加いたします。


1.コース概要
2009年春に開講する「低炭素社会デザインコース」は、持続可能なアジアに向け、今後ますます重要性を増す低炭素化社会に貢献する高度な職業人を養成するものです。

地球温暖化を防止し、持続可能な社会に移行する上で、極めて重要な課題である低炭素社会の構築に向けて、事業の企画・開発や炭素削減クレジットの市場流通拡大などに応えうる専門知識や実践的な問題発見・解決能力を有する人材の養成を目的として、新たな授業群を新設します。

本コースでは、慶應義塾大学政策・メディア研究科の教授陣の他、我が国のCDM事業開発や炭素クレジット市場をリードする民間企業、NPOや研究機関からの特別研究教員による多彩な講義・演習・フィールドワークを予定しています。募集人数は30名程度。社会人の場合は、1年通学及び修士論文作成により修士号の取得可能。

なお、本コース創設事業は環境省の「平成20年度環境人材育成のための大学教育プログラム開発事業」に選定されたものです。


2.募集概要
・募集人数: 30名程度。
・対象: 学生、社会人、留学生。
・入試概要: 政策・メディア研究科に同じ。
・出願期間: 2009年4月入学の場合、2008年10月7日(火)~10月9日(木)です。


3.コース説明会
日時:2008年9月19日(金) 18:00~19:00
場所:慶應丸の内キャンパス Cスクエア
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 10F
電話:03-5220-3111  http://www.keiomcc.com




【本件に関する問合せ先】
慶應義塾大学 広報室
m-koho@adst.keio.ac.jp

ページの先頭へ戻る