ニュース&イベント
■IGESがCDM国別ガイドブックを発行
 
アジア各国別にCDM実施のために必要な情報を掲載
2005年12月1日
(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
事務局長   徳田博保
広報担当 城戸めぐみ
この度、財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES、神奈川県葉山町)は、アジアの発展途上国においてCDMプロジェクトを実施するための国別ガイドブック「CDMカントリーガイド」(カンボジア、中国、インド、インドネシア、フィリピン版)を発行しました。これは、環境省が推進するCDM(クリーン開発メカニズム)及びJI(共同実施)能力強化事業(ICS-CDM/JI)*の一環としてIGESが取り組んでいるもので、来年春にはタイ版の発行も予定されています。

本ガイドブックは、CDM事業者や金融機関、支援機関に向けて適切な情報提供を行うことによって、アジアの発展途上国におけるCDM事業の推進を目指すもので、CDMのポテンシャルが高い分野や、CDMプロジェクトの承認手順、法律・税制、融資制度、政府インセンティブなど、国別の最新の関連情報を網羅した、これまでにない極めて実用性の高いガイドブックとなっています。また、これらの基礎情報に加え、連絡先リスト、案件フォーム(PCN)など、多岐にわたる添付資料が各国の状況に応じて掲載されています。

なお、IGESは、カナダ・モントリオールで開催されている国連気候変動枠組条約第11回締約国会議(COP11)及び京都議定書第1回締約国会合(COP/MOP1)での日本政府主催のサイドイベント**(12月7日)において、これまでアジア各国で行ってきたCDM人材育成支援事業について報告し、CDMカントリーガイドについても紹介する予定です。

【本件に関する問合せ先】
(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
広報担当:城戸めぐみ
〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
Tel: 046-855-3734
Fax: 046-855-3739
E-mailはこちら



* 「CDM/JIに関する途上国人材等育成支援事業(ICS-CDM/JI)」:
ICS-CDM/JIは、環境省によるCDM(クリーン開発メカニズム)及びJI(共同実施)推進事業の一環として 2003年に立ち上げられた事業。主にアジアの発展途上国におけるCDM及びJI実施のための能力構築を目的とした人材等育成支援活動等を実施するプログラムで、CDM/JIに関る情報の普及・啓発、CDM/JI関連の日本と実施国とのネットワーク構築、CDM/JI実施を可能とする人材の訓練、などを行う。

** "JAPAN ON THE MOVE: Japan's Innovative Technologies for Tackling Climate Change" 
(日本政府主催サイドイベント)
12月7日(水)18:00-21:00 / COP会場Room Kazan River


ページの先頭へ戻る