ニュース&イベント
■IGESがポリシー・ブリーフを創刊
 
創刊号:「国際リサイクル特区と域内ネットワークの構築」
2005年6月2日
(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
事務局長   徳田博保
広報担当 城戸めぐみ
この度、財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES、神奈川県葉山町)は、各研究員の研究成果を、わかりやすく、かつタイムリーに国内外の行政機関、国際機関、企業、NGO等に向けて政策提言として発信するため、ポリシー・ブリーフを創刊することといたしました。持続可能な開発に関する最新の課題を提起するとともに、政策形成の際に検討すべき選択肢などを提示して参ります。
ポリシー・ブリーフは、特に海外では国際的な機関や研究所が政策提言を行うツールとして確立しており、例えば、経済協力開発機構(OECD)、国連大学、アジア開発銀行、ブルッキングス研究所(米国)なども発行しています。
本日発行する創刊号では、本年4月の3Rイニシアチブ閣僚会合を受け、その主要議題のひとつとなった「再生利用原料・製品の国際的な流通」推進の具体的方策として、アジアにおける資源効率の向上と途上国環境問題の解決を目指す「国際リサイクル特区と域内ネットワークの構築」を提案しています。この創刊号については、6月4日、5日に岐阜で開催される第13回アジア太平洋環境会議(エコアジア2005)においても、各国環境大臣を含む出席者等に配布する予定です。
IGESでは現在、「気候政策」、「森林保全」、「都市環境管理」、「淡水資源管理」、「産業と持続可能社会」、「長期展望・政策統合」の6つのテーマについて研究を進めていますが、今後これらの研究成果を基に、時宜を得たポリシー・ブリーフを年数回作成し、国内外の研究ネットワークを活かして広く発信して参ります。
資料1: ポリシー・ブリーフVol1概要 100KB

【本件に関する問合せ先】
(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
広報担当:城戸めぐみ
〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
Tel: 046-855-3734
Fax: 046-855-3739
Email:

ページの先頭へ戻る