ニュース&イベント


■ 地方自治体による自立的な都市環境改善のため国際援助資金調達を目指す初の合同セミナー開催 ~北九州イニシアティブ 第6回テーマ別セミナー~

2004年6月24日
(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
事務局長 徳田 博保
担   当 内田 益次
担   当 城戸 めぐみ


財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)および、環境省とともに、来る7月2日(金)に北九州国際会議場にて、「クリーンな環境のための北九州イニシアティブ*1(以下、北九州イニシアティブ) 第6回テーマ別セミナー:環境分野におけるローカルイニシアティブと国際協力」を開催する。

本来、地方自治体が、中央政府や民間、NGOの協力も得ながら、独自で環境改善を図ることが重要であるが、初期の段階では、政府や国際機関の援助を得ることが必要な場合も考えられる。今回のセミナーでは、北九州市、横浜市、大阪市、広島市、宇部市、福岡市、水俣市の全国7都市の自治体と、世界銀行、国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)などの国際的援助機関が一堂に会し、効果的かつ効率的な資金調達方法について意見交換を行い、その提言をまとめる。

アジア太平洋地域における都市環境管理はIGESの6つの研究プロジェクトテーマのうちのひとつであり、その一環として、IGES北九州事務所は、UNESCAPおよび環境省の依頼を受けて北九州イニシアティブの運営を担当し、同地域における持続可能な都市の実現に向け実践的な研究活動を行っている。今回のセミナーでの成果は、アジア太平洋地域の18カ国60都市からなる北九州イニシアティブネットワークを通じて各国に還元される予定。


*1: 国連アジア・太平洋経済社会委員会の「第4回アジア・太平洋環境と開発に関する閣僚会議」(2000年9月、北九州市)で採択された、地域行動計画(2001-2005)の"環境の質と健康"分野で優先的に実施されるべき方策を提供するためのメカニズム。北九州市のように公害克服・環境再生を成し遂げた経験を広く共有することによって、アジア太平洋地域の主要都市における着実な環境改善を図ることを目指す。

添付資料:「クリーンな環境のための北九州イニシアティブ:第6回テーマ別セミナー」の概要 (PDF,27KB)


北九州イニシアティブのホームページはこちら


【連絡・問合せ先】
(財)地球環境戦略研究機関
北九州事務所  担当:森下正人
〒802-0001
北九州市小倉北区浅野3-9-30
北九州国際会議場6階
Tel: 093-513-3711 Fax: 093-513-3712 E-mail

ページの先頭へ戻る