ニュース&イベント


■ 財団法人 地球環境戦略研究機関北九州事務所の業務拡充について
(財)地球環境戦略研究機関
北九州事務所 所長 井村 秀文
担当 柿添 英一、森下 正人

(1) 財団法人地球環境戦略研究機関北九州事務所について
(財)地球環境戦略研究機関(以下IGES)北九州事務所は、北九州市が公害を克服してきた過程で蓄積された環境保全に対する取組みや知見をIGESの政策研究に活かし、アジア・太平洋地域の特に都市環境の保全施策の推進を目的としている。また北九州事務所は、国際連合アジア・太平洋経済社会委員会(ESCAP)及び環境省からの委託を受けた「クリーンな環境のための北九州イニシアティブ(以下北九州イニシアティブ)」の活動を推進することを契機として1999年10月に設立された。北九州イニシアティブは、2000年9月4~5日、北九州市で開催されたESCAP主催による「第4回アジア・太平洋環境と開発に関する閣僚会議」において採択された、2005年までの地域行動計画の優先課題として揚げられた「環境の質と健康」の分野のプログラムを推進するための活動である。またアジア・太平洋地域において、都市環境の改善を目標とした地域レベルでの取組みを強化するとともに、都市間の協力を促進するための「クリーンな環境のための北九州イニシアティブネットワーク」(以下北九州イニシアティブネットワーク)を運営し、広めていくことも主な活動としている。

(2) 北九州事務所への都市環境管理プロジェクトの異動について
北九州事務所では、2003年度以降、2005年に開催予定の「第5回アジア・太平洋環境と開発に関する閣僚会議」において総括される北九州イニシアティブの活動成果の報告へ向けた具体的な取組みを強化、拡充するため、研究員の増員を行い、都市の環境保全施策評価のための定量的指標の開発・実践、都市間で移転可能な環境政策の研究およびそのパイロットプロジェクトの推進、都市間の情報交換を行うための北九州イニシアティブネットワークの強化を図っていく。このため現在IGES本部(神奈川県葉山町)で活動を行っている都市環境問題とその対処についての研究(都市環境管理プロジェクト)を併せて北九州事務所で実施することにより、それぞれの研究を有機的に実施するとともに、その成果を北九州イニシアティブネットワークを通じて関係者に広く提供し、政策決定によりよく反映させることを目指すこととした。

都市環境管理プロジェクトは、2003年6月16日付けをもって北九州事務所での活動を開始する。


[北九州事務所の構成(拡充概要)]
人員増加:現状8人→13人(事務・コンサルタントを含む)
事務所の拡充:現状1室→2室(北九州国際会議場6,7階)

【連絡・問合せ先】
担当:柿添、森下
(財)地球環境戦略研究機関北九州事務所  
〒802-0001福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30北九州国際会議場6階
TEL:093-513-3711 FAX:093-513-3712

ページの先頭へ戻る