ニュース&イベント


■ 第11回アジア太平洋環境会議(エコ・アジア2003)

第11回アジア太平洋環境会議(エコ・アジア2003)は、環境省の主催により、2003年6月7日、5名の大臣を含む20カ国の政府高官及び12国際機関の代表者をはじめとする計88名の参加を得て、神奈川県葉山町湘南国際村において開催されました。

IGESは神奈川県、横須賀市及び葉山町と共にエコ・アジア2003の共催者として、会議の運営においても中心的役割を果たしました。

エコ・アジア2003の開催目的は、ヨハネスブルグサミット(WSSD)後の持続可能な開発に関する本地域の取組みを評価するとともに、今後の地域協力の方向性やエコ・アジアの役割について討議することでした。

会議において参加者は、アジア太平洋地域における持続可能な開発に係る取組みについて活発な意見交換を行い、その結果、エコ・アジアをWSSDに関するアジア太平洋地域の閣僚レベルでの意見交換の場として位置付け、次回の国連持続可能開発委員会(CSD)にインプットしていくことが合意されるなど、有意義な成果を得ることができました。なお、討議の結果は議長サマリーとして取りまとめられました。

[会議報告]
会議では鈴木俊一環境大臣が議長を、マレーシアのラウ・ヒン・ディン科学・技術・環境大臣及びラオスのボウティエム・ピサマイ科学・技術・環境大臣がそれぞれ副議長を務め、セッション1「循環型社会実現への取組み」及びセッション2「持続可能な開発に関する世界サミットの成果の具体的実施」の2つのセッションが行われました。

まず、セッション1「循環型社会実現への取組み」では、開催地の地元自治体である神奈川県、横須賀市及び葉山町がそれぞれ持続可能な社会を実現するための国内施策に関する具体例を紹介した後、各国参加者が多様な循環型社会構築への取組み及び国際協力の取組みを紹介しました。

続くセッション2「持続可能な開発に関する世界サミットの成果の具体的実施」では、アジア太平洋環境開発フォーラム(APFED)とアジア太平洋環境イノベーション戦略プロジェクト(APEIS)の進捗状況と今後の見通しが発表されました。

このセッションでは、IGESの森島昭夫理事長が「アジア太平洋環境開発フォーラム(APFED) -WSSDと将来計画-[PDFファイル:76KB]」について発表を行い、続くAPEISのプレゼンテーションでは、名執芳博IGES長期展望・政策統合プロジェクトリーダーが「アジア太平洋環境イノベーション戦略プロジェクト(APEIS)及び革新的戦略オプション研究(RISPO)の進捗状況と将来の展望[PDFファイル:744KB]」について発表を行いました。その後、各参加者を交えた討議が行われ、発表された2つの事業に対する期待が表明されるとともに、WSSDの成果を実施する際の課題と解決策について活発な討論が行われた。討論の中では、特に、地域協力を強化していくことの重要性と、WSSDの結論をどう具体化するかという観点から見たエコ・アジアのプロジェクトの重要性について繰り返し言及されました。

[エコ・アジアに関する情報]
アジア太平洋環境会議(エコ・アジア2003)の結果等についてはこちら
● 環境省のエコアジア関連ページ:http://www.env.go.jp/earth/ecoasia/ecoasia2003.html
● エコアジアネットホームページ(英語):http://www.env.go.jp/en/earth/ecoasia/index.html

ページの先頭へ戻る