活動報告
「汚染地域の実情を反映した効果的な除染に関するアクション・リサーチ(FAIRDO)」
福島-横浜ミッションを実施
IGESは、今年度より開始した「汚染地域の実情を反映した効果的な除染に関するアクション・リサーチ(Fukushima Action Research on Effective Decontamination Operation: FAIRDO)」の一環として7月19日から24日にかけて、福島県内および横浜において、現地視察とともにワークショップ、シンポジウム等関連イベントを開催致しました。
日程 活動内容 場所
7月19日(木) FAIRDO専門家ワークショップ 福島大学
7月20日(金) 現地視察
・伊達市旧小国村
・南相馬市原町区片倉
伊達市、南相馬市
7月21日(土) 国際シンポジム 「欧州の経験と知恵に学ぶ効果的な福島の除染」 桜の聖母短期大学
7月22日(日) 現地視察
・浪江町
浪江町
7月23日(月) 福島県知事訪問 福島県庁
7月24日(火) 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP)
パラレルセッション 「欧州の経験と知恵に学ぶ福島の効果的な除染とは」
パシフィコ横浜

FAIRDO参加メンバー
(*順不同)
欧州専門家:
  • クラウス・テプファー ドイツ・持続性高等研究所所長
  • ファルク・シュミット ドイツ・持続性高等研究所 アカデミックオフィサー
  • ヴィクター・アヴェリン ベラルーシ放射線学研究所所長
  • エルリッヒ・ワース ドイツ連邦放射線防護庁
  • ジル・ヘラルドーデュブリル MUTADIS所長
  • ヴォルフガング・ラスコフ ドイツ連邦放射線防護庁
  • エドワルド・ガレゴ マドリード工科大学原子力工学部長
  • ミランダ・シュラーズベルリン 自由大学教授・環境政策研究科ディレクター
日本専門家:
  • 鈴木 浩 福島大学名誉教授 / 福島県復興ビジョン検討委員会座長
  • 礒野 弥生 東京経済大学教授
  • 高村 ゆかり 名古屋大学教授
  • 原科 幸彦 千葉商科大学政策情報学部教授/東京工業大学名誉教授
  • 細見 正明 東京農工大学大学院教授
  • 難波 謙二 福島大学教授
  • 村山 武彦 早稲田大学大学院教授
  • 塩谷 弘康 福島大学教授
  • 佐久間 一幸 東京農工大学工学部化学システム工学科
  • 浜中 裕徳 IGES理事長
  • 森  秀行 IGES所長
  • 立川 裕隆 IGES事務局長
  • 大塚 隆志 IGES上席研究員
  • 十時 義明 IGES 持続可能な消費と生産グループ 研究員
  • 渡部 厚志 IGES プログラムマネージメントオフィス 特任研究員
  • 仲田 宗行 IGES プログラムマネージメントオフィス 特任研究員
お問い合わせ
(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)
プログラム・マネージメント・オフィス(PMO) 中川
〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
tel: 046-855-3852 fax: 046-855-3709
pmo-info@iges.or.jp

ページの先頭へ戻る