IGES HOME


Interviews TOP



アーカイブ
第15回 [2010年11月]
明日香壽川 (気候変動グループ ディレクター)

第14回 [2010年8月]
マグナス・ベングソン (IGES持続可能な消費と生産グループ ディレクター)

第13回 [2010年2月]
小林正典 (IGESプログラム・マネージメント・オフィス コーディネーター)

第12回 [2009年9月]
幸田シャーミン (ジャーナリスト、IGES理事)

第11回 [2009年2月]
ピーター・キング(IGESバンコク事務所・主任アドバイザー)

第10回 [2008年11月]
ラジェンドラ・パチャウリ(TERI所長)、ラビンダー・マリク(TERI日本事務所)

第9回 [2008年8月]
小柳秀明(IGES北京事務所所長)

第8回 [2008年2月]
平石尹彦(IGES理事・上級コンサルタント)

第7回 [2007年7月]
浜中裕徳(IGES理事長)

第6回 [2007年3月]
片岡八束(IGES研究員)

第5回 [2006年7月]
アンチャ・スリニヴァサン(IGES上席研究員)

第4回 [2006年3月]
プジャ・ソーニー
(IGES研究員)

第3回 [2005年11月]
渡邉理絵(IGES研究員)

第2回 [2005年6月]
ムスタファ・カマル・ゲイ
(IGES研究員)

第1回 [2005年1月]
森島昭夫(IGES理事長)





E-alert Interviews 第12回 (September 2009)
「低炭素社会」という大きな目標に向かって

幸田シャーミン
ジャーナリスト、IGES理事

NHKテレビ「海外ウイークリー」への出演、フジテレビ「スーパー・タイム」におけるニュースキャスター等、テレビ・ラジオ等で活躍。 現在は、IGESの理事を務めるほか、ジャーナリスト・コメンテーターとして地球環境問題を専門に活躍。2006年4月から2008年6月まで、国際連合広報センター UNIC 所長。



IGESは、2009年6月に第1回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2009)を神奈川・湘南国際村で開催し、「アジア太平洋における低炭素型発展の実現」を主要なテーマに、発展途上国のニーズに適切に応える低炭素型の発展の道筋とそのための方策について、国内外500名の参加者とともに議論を深めました。今回のE-alertインタビューでは、IGES理事として平素からIGESの研究活動に対する教示を下さり、また、ISAP2009ではモデレーターとして中心的な役割を担われた幸田シャーミンさんにお話を伺いました。 (ISAP2009はこちら)
ISAP2009 (2009年6月湘南国際村)

ISAPを振り返って
---- ISAP2009では、幸田さんにモデレーターとして数々のセッションをとりまとめて頂きました。今回のISAPの全体的な印象・ご感想をお聞かせ下さい。

幸田:
ISAP2009では、アジア太平洋地域において現在どういうことが課題になっているのか、そしてその課題を乗り越えるために何をしなければいけないのか、また、どのような可能性がその先に見えるのかといった最新の情報を世界の最先端の研究者から直接伺うことができて、私自身大変勉強になりました。IGES設立以来10年の間に研究成果が着実に蓄積され、人的交流も活発になる中で、このISAPが始まったということは大変素晴らしいことであると同時に、IGESに対する大きな期待も感じています。

地球環境問題を解決していくには、知識や技術だけでなく、そのための具体的なツールやコスト問題への対応、そして社会的な意思「やる気」が必要だと思います。IGESの研究テーマのコベネフィットを例にとると、「環境に良い政策は他のことにもプラスがある」と考えられていることを、「温暖化対策と公害対策、貧困対策等がいっぺんに、しかも経済的に実現できる」点について具体的に示し、多様な国や自治体が政策として導入できるように研究が行われています。今回のISAPでもコベネフィットの専門家が議論を掘り下げて有意義な情報交換ができたと思いますし、アジアの国々や産業界等にも積極的にそうした情報を発信し、関心をもって頂ける良い機会になると思います。

もうひとつ、ISAPでの議論を世界の高校生や大学生が見たり、聞いたりすることができたら、彼らにとって素晴らしいインパクトになると思います。インターネット中継やビデオ等による情報提供は環境教育としての社会貢献にもなると思います。



低炭素社会=世界共通のエキサイティングなチャレンジ
---- 2050年までの温室効果ガス半減の実現に向けて、削減対策にとどまらず、低炭素社会への移行が世界各国で注目されています。ISAP2009においても主要テーマとして活発な議論が行われましたが、「アジアの低炭素社会づくり」において重要なポイントは何であるとお考えでしょうか?

幸田:

「低炭素社会」または「低炭素型の発展」という概念は、二酸化炭素の削減という目標がはっきりしていて非常にわかり易いと思います。全てのセクター、そして先進国も途上国もそれぞれ取り組まなくてはならない共通の課題です。ただ、アジアを含め、国々の発展状況や文化等は多様ですから、それぞれに合った対応も必要です。“低炭素”は文明の大転換並みの大仕事ですので単純なことではありませんが、エキサイティングな部分がたくさんあると思います。日本のように進んだ技術国であっても、まだまだ技術の面でもやらなければならないことがたくさんありますから、そこに向けて力を発揮すると、これまでになかった可能性がたくさん出てくると思います。低炭素社会の挑戦は私たちみんなに与えられた課題ですので、一人ひとりの価値観や優先順位の問題と深く係わってきます。人々が命を大事に思い、最優先にしたいと思うように、「地球環境」や「温暖化防止」を大事に思い、その優先順位を引き上げていくことが重要だと思います。環境と開発のための国連会議(リオ・サミット)や地球温暖化防止京都会議以降、人々の地球環境問題に対する優先順位が世界的に高まってきました。 さらに、「低炭素型社会」に向けて上げていくことが求められています。

アジアにおける低炭素社会づくり
アジアは経済・政治・文化的に非常に多様な地域ですから、アジアの低炭素社会づくりにおいて重要なポイントは、こういった多様性にどう対応していくのかという点ではないかと思います。例えば交通セクターですが、モータリゼーションが進むアジアで、それぞれの国にあった低炭素な交通システムの構築が求められているのだと思います。日本にある技術をそのまま導入するのではなく、現地の地域の実情にあった低炭素型のシステムです。また、低炭素社会は技術力だけで解決する問題ではありませんので、「人間は自然の中で生かされている」という基本に今一度立ち戻って、生物多様性の保全や復元を重視する社会的なインセンティブやそのための政策を整備していくことが重要です。そうしたあらゆる面で、IGESで行われている研究を大いに活用してほしいと思います。





環境問題をライフワークに

---- 幸田さんはこれまでにジャーナリストとして社会の様々な問題を取り上げていらっしゃいましたが、地球環境問題に関心を持たれるようになったきっかけは何でしょうか?

幸田:

私がテレビのニュースキャスターをしていた1980年代後半に、「global warming(地球温暖化)」という言葉の入った短いニュースが外国の通信社から入ってきました。科学者が集まり「global warming」を懸念する会議が開催された、という一文だったのですが、「global warming」という言葉を初めて聞いて、もしこれが本当だったら大変なことだとショックを受けたのを覚えています。時期からして、多分IPCCの最初の会議だったのではないかと思います。このニュースは実際に放送されませんでしたが、もっと調べてみたいと思い、海外にいる私の友人から出版されたばかりの本を送ってもらったのです。その本が私と地球環境問題との出会いでした。そして、オゾン層の破壊、森林伐採や海洋汚染等、人間と自然との間で様々な問題が起きていて、しかもそれがグローバルな規模で問題になっているということを初めて知りました。

当時の私は、ジャーナリストとしてライフワークになるようなテーマを持ちたいと思っていました。そこで、地球環境問題についてしっかり勉強してみようと、ハーバード大学ケネディースクールに留学しました。ハーバードでは国際環境政策という講義が始まったばかりで、国際法、倫理、経済等様々な分野の教授が集まり熱のこもった授業でした。

帰国してから、国内外のさまざまな地域を訪れて、環境の分野でリーダーシップを発揮している方々にインタビューする活動を始め、メディアで発表しました。今でこそ環境問題は広く知られていますが、私が始めた頃は、「シャーミンさん、なぜ環境問題なのですか?」というリアクションも珍しくありませんでした。そのような時期から、環境問題の最前線でプラスの変化を起こそうと取り組んでいたパイオニアの方々は、現在も素晴らしい活動を続けていらっしゃいます。

 


ツバルでサイクロンに遭遇
---- 地球環境問題に取り組まれる中で、特に印象に残っている出来事はありますか?

幸田:
東京大学の調査研究で訪れたツバルでの体験ですね。温暖化による海面上昇で、将来、国土が海の中に水没するかもしれないと懸念される島嶼国のひとつです。滞在中に季節外れのサイクロンが近くで発生しました。首都のフナフティにいたのですが、島の幅が数百メートルと狭く、標高も2m以下と低いため、逃げ場がありません。レーダー等がなく、情報が限られ、とても厳しい状況でした。しかし、ツバルの人々は2000年以上もこの島々で暮らしてきました。そして、これからも暮らし続けたいと多くの住民が話していました。ツバル等の現状を、私たちの日々の行動と、どれだけつなげて考えることができるのかが問われていると思いました。


---- 最後に、理事というお立場から、IGESに対する期待をお聞かせ下さい。

幸田:

グローバルでありリージョナルであるというIGESの特性を活かして、今後も、活発な人的交流を通して、アジアをはじめ、さまざまな国の研究者をフェロー等の形も含め積極的に招聘していかれることと思います。人の交流を通じて、ますますIGESの研究に厚みが出てくるのではないでしょうか。

また、ISAPでも感じましたが、IGESには、世界の第一線で活躍する専門家との強力なネットワークがあり、地球環境問題に関する最新の情報が集まります。日本にあるという地の利を生かして、アジアに対してIGESの研究成果や最新情報の発信を強化することもIGESならではの役割です。地球環境問題は、誰にとっても自分の問題なのですから、多くの人々にIGESの研究を知っていただき、その成果を共有していただくことが大切だと思います。

IGESの仕事は、研究を通じて、人々のマインドからビジネスまでさまざまなシフトをもたらす非常にスケールの大きなものです。難しく、苦労も多いと思いますが、自分たちの研究が世の中に大きく貢献するという意味で、研究者にとってこれほどやりがいのある仕事はないのではないでしょうか。世界有数の研究機関として、ますます素晴らしい成果をあげられることを期待しています。


---- ありがとうございました。



インタビュアー:城戸めぐみ、北村恵以子 (情報発信・研究支援課)

IGES HOME Interview Top