IGES HOME


Interviews TOP



アーカイブ
第15回 [2010年11月]
明日香壽川 (気候変動グループ ディレクター)

第14回 [2010年8月]
マグナス・ベングソン (IGES持続可能な消費と生産グループ ディレクター)

第13回 [2010年2月]
小林正典 (IGESプログラム・マネージメント・オフィス コーディネーター)

第12回 [2009年9月]
幸田シャーミン (ジャーナリスト、IGES理事)

第11回 [2009年2月]
ピーター・キング(IGESバンコク事務所・主任アドバイザー)

第10回 [2008年11月]
ラジェンドラ・パチャウリ(TERI所長)、ラビンダー・マリク(TERI日本事務所)

第9回 [2008年8月]
小柳秀明(IGES北京事務所所長)

第8回 [2008年2月]
平石尹彦(IGES理事・上級コンサルタント)

第7回 [2007年7月]
浜中裕徳(IGES理事長)

第6回 [2007年3月]
片岡八束(IGES研究員)

第5回 [2006年7月]
アンチャ・スリニヴァサン(IGES上席研究員)

第4回 [2006年3月]
プジャ・ソーニー
(IGES研究員)

第3回 [2005年11月]
渡邉理絵(IGES研究員)

第2回 [2005年6月]
ムスタファ・カマル・ゲイ
(IGES研究員)

第1回 [2005年1月]
森島昭夫(IGES理事長)





E-alert Interviews 第10回 (November 2008)
低炭素社会の実現に向けた
TERIとIGESの協力


インドのエネルギー資源研究所(TERI)は、IGESの設立憲章署名機関であり、これまで両機関は、研究協力などを通じてパートナーシップを築き上げてきました。

このたびIGESとTERIは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)及び国際協力銀行(JBIC)と協力し、シンポジウム「低炭素社会に向けた日印パートナーシップを目指して:省エネルギー・再生可能エネルギーの可能性とビジネスチャンス」を共催いたします。


今回のE-alertインタビューでは、このシンポジウムの共同実施を記念し、今回のシンポジウムに向けたメッセージと、今後のIGESとTERIの協力について、TERI所長であり、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)議長も兼任するラジェンドラ・パチャウリ博士にお話を伺いました。また、IGES東京事務所内に設置されているTERI日本事務所のラビンダー・マリク博士を向かえ、TERIの活動などについて、インタビューを行いました。


パチャウリ博士からのメッセージ

----今回のTERI/IGES共催シンポジウムを通じて、日本の産業・ビジネス界に伝えたいメッセージをお聞かせ下さい。

日本及びインド企業のビジネス連携を発展させたい

パチャウリ博士:

日本の産業・ビジネス界は、特にエネルギー効率の改善と化石燃料依存の低減の点で、素晴らしい革新を遂げています。こうした背景や現在のインド経済の非常に健全な成長率から考えても、インド企業との関係を発展させ、ビジネスの連携を確立させることは、日本の企業や団体にとってもよい機会と言えるでしょう。

今回のシンポジウムが、健全な経済成長と天然資源保護と低炭素排出の両立への道を模索するインドに指針を示してくれることを期待します。


G8環境大臣会合記念特別シンポジウム「気候変動と水」にて基調講演を行うパチャウリ氏 (2008年5月 神戸)

----低炭素経済に向けた日印間の技術移転の推進において、TERIとIGESの果たすべき役割は何でしょうか。

経済発展と排出削減の両立を目指す

パチャウリ博士:
TERIとIGESは、低炭素経済に向けた日印間の技術移転の推進における有識研究機関として重要な役割を担っています。技術移転と開発における優先順位の同定には慎重な分析が求められます。最終成果は経済的のみならず排出削減においても効果的であることが重要です。


----- TERIとIGESの今後の協力について期待をお聞かせ下さい。

パチャウリ博士:
TERIとIGESは、今後もダイナミックかつ先を見据えた協力関係を発展させることができるでしょう。その関係を基に、両機関は、日印間における潜在的な技術移転の機会を見つけ出すとともに、これまでの成果に対する精査も行っていきます。 また、政策分析を行うことで、低炭素経済の発展を促す日印ビジネス界の協力に向けた両国政府による事前対応的な政策の策定に貢献することができるでしょう。

----- ありがとうございました。

IGES設立10周年記念シンポジウム「地球温暖化に立ち向かうアジア太平洋の戦略」にて
IGES職員と。(2008年6月 横浜)


TERIの活動と今後の日印パートナーシップについて
TERI-Japanでコーディネーターを務めるマリク博士

TERI日本事務所(TERI-Japan)は、2001年にIGES東京事務所内に開設しました。TERIの上級客員研究員であり、TERI-Japanのコーディネーターを務めるラビンダー・マリク博士は、30年以上も日本に在住する親日家で、これまで国連大学の学長室長などを歴任し、現在は慶應義塾大学にて非常勤講師も勤めています。

今回のインタビューでは、日本・インド及び世界におけるTERIの活動と、低炭素社会を目指した日印パートナーシップのあり方について、お話を伺いました。

TERIとIGESとの協力 - 先進国と途上国という異なる視点から共通の問題に取り組む

---- TERIとIGESの関係と、これまで両機関がどのような活動を行ってきたのかを教えてください。

マリク:
TERI-JapanとIGESは、すでに7~8年の協力関係にあります。2001年に、TERI-JapanがIGES東京事務所のオフィス内に開設し、同年には開設記念シンポジウムを共催しました。

パチャウリ博士はIGESの理事も務めているため、以前からTERIとIGESは、研究員同士の交流や、研究協力などを行ってきました。TERIの研究員が客員研究員としてIGESに滞在したこともあります。将来にわたって、TERIとIGESの研究員の交流をさらに推進して行きたいと願っています。

TERIはインドを拠点とするインドの研究機関ですが、TERIが扱う問題、つまりエネルギーや持続可能な開発に関する問題が、グローバルな性質を持っているため、広範にわたる研究を行っています。それゆえ、他の機関との協力が欠かせません

パチャウリ博士は5~6年前から日本を訪れる機会が増え、これまでに、おそらく150回以上は日本を訪問しているでしょう。TERIは、その頃から既に、エネルギーや環境分野での日印協力を促進すべきだと考えており、IGESは格好のパートナーでした。「日本人とインド人は、互いに多くのことを学び合えるはずだ」というのが博士の考えです。また、私同様、博士は日本文化を大いに敬っています。IGESとTERIは、先進国と途上国という二つの異なる視点から、共通の問題に取り組むことを目指しています。

昨年から、パチャウリ博士はIGESの浜中理事長と会談し、両機関の関係をさらに強化することを決めました。将来の合同プロジェクトの手始めとして、共に今回のシンポジウムを共催することにしたのです。



日印パートナーシップ - WinWinの関係を目指して

----TERIとIGESが提案している今後の共同研究プロジェクトについてお聞かせ下さい。

マリク:
我々は今後、低炭素技術の技術移転のための日印協力に関する研究に力を注ぐことになるでしょう。特定の技術、例えばソーラーエネルギーなどに関しては、日本の技術は群を抜いています。ただ、インドだけが学ぶのではなく、インドが極めて得意とする技術分野もありますし、双方はお互いの得意分野から恩恵を得ることができるでしょう。インドは開発途上国という立場から、日本に何らかの洞察を与えられるかもしれません。例えば、インドが特定の技術をどう適用しているのかを学ぶことは、お互いのためになるでしょう。

先進国が途上国を支援するにあたって、その国に適した技術を見つけ出す必要があります。現地で利用可能な資源が活用できて、しかも再生可能であることが重要です。そのため、バイオマスやバイオ燃料の研究に注目が集まっています。また、例えば石炭の利用について言えば、中国やインドに「石炭を使うな」と言っても、自国で石炭が取れる限り彼らは使い続けるでしょう。それならば、汚染を生じさせることなく持続可能に活用できる技術を見つけ出すことも、確実に価値のある研究だと思います。このように、日本とインドが協力できるような研究をどんどん実施する必要があると思います。石油は遅かれ早かれ、枯渇する運命にあります。化石燃料に頼らない社会へのシフトが重要なのです。


TERIの役割 - 低炭素社会実現を目指した政策提言

----持続可能な開発の実現に向けたTERIの具体的な取り組みについてお聞かせ下さい。
マリク:
ご存知の通り、パチャウリ博士はTERIの所長であると同時に、IPCCの議長でもあります。それにより、TERIの活動に国際的視点がもたらされるとともに、インドの経験がIPCCで生かされるのです。

TERIはインド政府の機関ではなく、政府から独立した非営利団体です。しかし、政府はパチャウリ博士の言葉に耳を傾け、そのアドバイスに従います。なぜなら、政策を決定する上で有益なアドバイスと考えているからです。インド政府が政策を決定する時、TERIが国家の政策を決定するわけではありませんが、政策が公害の少ない安全な環境の促進に向けたものとなるよう影響を及ぼすことができます。TERIの役割は非常に有益で重要なものなのです。

TERIが主催する国際会議「Delhi Sustainable Development Summit(DSDS)」は、2001年から毎年開催されています。DSDSでは、アフリカや北欧を含め、世界のあらゆる地域の代表が異なる視点から、持続可能な開発に関する問題を話し合います。IGESにも毎年参加してもらっています。持続可能な開発の基本は、それが世界にとっていかに有益かということであり、DSDSは、インドにこのメッセージを広める大きな役割を担っています。
パチャウリ氏からソーラー懐中電灯を贈られる松沢神奈川県知事(IGES10周年記念シンポジウムにて)

また、現在、TERIは「Lighting a Billion Lives-10億人にあかりを届けよう」というソーラー・ランタン・プロジェクトをインドの村々から始め、世界中に広めようとしています。日本でも、NPOが中心となってプロジェクトを進めており、神奈川県もこの活動に積極的です。

このような活動を通じて、インドと日本が協力し学ぶことは、インドと日本のためだけではなく、多くの意味で、発展途上国を含めた世界への貢献になるのではないでしょうか。

---- どうもありがとうございました。

 

IGES HOME Interview Top