GISPRI/IGES共催
国連気候変動枠組条約 COP18及びCMP8報告セミナー
gispriIGES
2012年11月26日~12月8日、カタールのドーハにて、気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18)、京都議定書第8回締約国会合(CMP8)、特別作業部会(ADP、AWG-LCA、AWG-KP)、補助機関会合(SB)が開催されました。
今回のドーハ会議では、当初の会期が1日延長されましたが、最終的に一連のCOP及びCMPの決定が「Doha Climate Gateway」として採択されました。①新たな国際枠組みの構築等に向けたADPの作業に関する決定、②京都議定書改正とそれに伴うAWG-KPの終了、③条約の下での長期的協力に関する決定とそれにともなうAWG-LCAの終了、④資金に関する決定、⑤気候変動による損失と損害に関する決定という成果があったと総括されています。
本セミナーでは、今次会合で交渉の第一線でご活躍された4省庁の方々より、交渉の過程を含めて結果、今後の見通しなどについてお話し頂きました。
日時
2013年1月24日(木)13:00開会-17:00閉会
場所
全社協 灘尾ホール
主催
一般財団法人地球産業文化研究所 (GISPRI)
公益財団法人地球環境戦略研究機関 (IGES)
参加費
一般5,000円 学生1,000円(当日受付で学生証をご提示下さい)
※GISPRI会員企業、IGES賛助会員、報道関係者は無料
参加者
約200名

photo photo

プログラム
13:00 開会
13:05 開会挨拶
公益財団法人 地球環境戦略研究機関 理事長   浜中 裕徳
COP18及びCMP8 開催結果の報告(各30分)
  下記4省庁からのご講演を予定しています。(敬称略)
※ご講演者は変更になることがございます
13:10 外務省 気候変動課長 田村 政美
13:40 経済産業省 地球環境対策室長 信谷 和重
14:10 環境省 国際地球温暖化対策室長 新田  晃
14:40 林野庁 森林吸収源情報管理官 赤堀 聡之
15:10 休憩 (30分)
※「質問票」の回収を致します。休憩開始10分後に回収を締め切ります。
15:40 質疑応答(75分)
コーディネーター:
一般財団法人 地球産業文化研究所 専務理事   蔵元 進
16:55 閉会挨拶
一般財団法人 地球産業文化研究所 専務理事   蔵元 進
17:00 閉会
配布資料
※本セミナーの配布資料について、事後のウェブ掲載及び頒布はいたしませんので予めご了承ください。
講演者発表文書
- 講演者の発表資料
政府発表文書
- COP18及びCMP8終了後に公表された「概要」など
主催者作成文書
- COP18及びCMP8参加報告書等
COP18及びCMP8関連文書和訳
- COP18及びCMP8で交渉のポイントとなった決定書・結論書等
- IISD発行のEarth Negotiation Bulletinから「COP18及びCMP8サマリー」の和訳
- その他、関連資料の和訳

※会議の内容によっては、若干変更がある可能性がございます。

お問い合わせ
(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)
市場メカニズムグループ(担当:ボートライト)
Tel: 046-826-9592
Fax.:046-855-3809
E-mail:cdm-info@iges.or.jp

ページの先頭へ戻る