Activities
UNFCCC AWG-KP14/AWG-LCA12 サイドイベント
NAMAs及びCDMにおけるMRV
財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、京都議定書第14回特別作業部会(AWG-KP14)及び国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第12回特別作業部会(AWG-LCA12)のサイドイベントとして、2010年10月8日に、「NAMAs(国内における適切な緩和行動)及びCDM(クリーン開発メカニズム)における測定・報告・検証(MRV)」を中国・天津にて開催しました。
第1セッションでは、現在国際交渉で議論されている京都議定書の非附属書Ⅰ国における緩和行動におけるMRVの概要の紹介のあと、その詳細内容としてその対象国のNAMAsの分類とそれぞれのMRVのガイドラインの分析について説明しました。また、また既に排出量クレジット発行のためにMRVが行われているCDMプロジェクトでの状況についての統計分析を説明しました。第2セッションでは、9月にIGES、アジア開発銀行(ADB)及びUNFCCC事務局との共同で行ったアジア太平洋地域におけるCDMプロジェクトの地理的不均衡を解消するためのワークショップの概要と低炭素社会の構築に向けた国際的研究ネットワークLCS-RNetの研究の紹介がされました。
日時
2010年10月8日
会場
天津梅江会議展覧センター(天津、中国)
主催
財団法人地球環境戦略研究機関
アジェンダ
14:45 - 15:00 MRVとNAMAsにおける現在の交渉状況
  IGES 気候変動グループ サブディレクター 田村堅太郎49KB
15:00 - 15:15 非附属書Ⅰ国におけるNAMAsとMRVの分析
  IGES 気候変動グループ 研究員 福田幸司187KB
15:15 - 15:30 CDMにおけるMRV
  IGES 市場メカニズムグループ ディレクター 水野勇史 244KB
15:30 - 15:45 質疑応答
   
15:45 - 16:00 CDMプロジェクトの地理的不均衡解消のためのワークショップの報告
  IGES 市場メカニズムグループ サブディレクター 小圷一久150KB
ゲストスピーカー:アジア開発銀行 Xuedu Lu
16:00 - 16:15 ベルリンからの挑戦:低炭素社会の研究ネットワーク
  IGES LCS-RNet 事務局長 西岡秀三799KB
お問い合わせ
IGES CDMプログラム
〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
tel: 046-855-3826 fax: 046-855-3809 E-mail

ページの先頭へ戻る