活動報告
市場メカニズムと測定、報告、検証(MRV)に関するワークショップ
(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)は1月31日、モンゴル環境グリーン開発省(MEGD)との共催で「市場メカニズムと測定、報告、検証(MRV)に関するワークショップ」を行いました。同月上旬に日本とモンゴル国の間で二国間オフセット・クレジット制度(JCM)に関する正式な合意が成されたことから、ワークショップにはモンゴル・日本の民間事業者を中心として、60名を超える参加を得ました。

午前中のセッションでは建物からの温室効果ガス削減に関するMRV手法が議論され、国連開発計画(UNDP)とモンゴル建設省による、建物の断熱に関するプロジェクト説明が成されました。また、IGESからも、CDMなどに知見に基づき、建物からの排出削減のMRV手法について発表を行いました。

午後のセッションではJCMについての議論が行われ、熱供給ボイラー、地熱ヒートポンプ、バイオディーゼル生産などに関する方法論が発表されました。また、モンゴル側事業者から、JCMの候補案件に関する発表がなされ、ワークショップ終了後も多くの候補案件が寄せられました。
日時
2013年1月31日
場所
Blue Sky Tower ウランバートル・モンゴル
主催
地球環境戦略研究機関(IGES)、モンゴル環境グリーン開発省(MEGD)
資料
アジェンダ(42KB)
 
お問い合わせ
IGES 市場メカニズムグループ
tel: 046-826-9592
E-mailはこちら

ページの先頭へ戻る