活動報告
プログラムCDM (PoA)ワークショップ

IGESとモンゴル自然環境・観光省国家CDM事務局(CDM NB-MNET)は、2011年7月5日にモンゴル政府気候変動関係職員及び事業者を対象としたプログラムCDM(PoA)ワークショップを共催しました。本ワークショップではモンゴルにおけるPoAプロジェクト形成支援に向け、関係者間でPoAの現状を共有し、各事業者が検討しているプロジェクトの形成を促進することを目的とし、PoA案件の最近の傾向やルール、モンゴルにおけるPoAの現状、PoA案件形成が検討されている各プロジェクトを紹介する発表が行われました。事業者を中心に約25名が参加し、各プレゼンテーション後には質疑応答及び詳細な議論が行われました。

日時
2011年7月5日
場所
モンゴル政府第3庁舎、ウランバートル(モンゴル)
主催
-モンゴル自然環境・観光省国家CDM事務局(CDM-NB MNET)、
-(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
言語
英語、モンゴル語
アジェンダ
09:20-09:50 開会挨拶と参加者の紹介
モンゴル自然環境・観光省 気候変動調整室主席 気候変動大使 Dr. D.Dagvadorj
セッション1:PoAの設計と可能性
09:50-10:00 PoA案件の最近の傾向
IGES 市場メカニズムグループアシスタントリサーチャー 小柳百合子
10:00-10:30 PoAに関する最新ルール
IGES 市場メカニズムグループ副ディレクター 小圷一久
10:30-10:40 議論
10:40-11:05 モンゴルにおけるPoAの現状
モンゴル自然環境・観光省 国家CDM事務局代表 Ms. B. Tsendsuren
11:05-11:15 議論
11:15-11:30 コーヒーブレイク
セッション2:今後の展望と教訓(事業開発者からの講演)
11:30-11:50 新規省エネ住宅プロジェクトのアイデアノート(PIN)
国連開発計画(UNDP)省エネ住宅プロジェクト管理者 Mr. B. Munkhbayar
11:50-11:55 議論
11:55-12:25 貧困家庭における省エネと排出量削減について
アジア開発銀行(ADB)プロジェクトコンサルタント Mr. D. Sod
12:25-12:35 ウランバートルにおける緑色・エコローンプログラムについて
Xac銀行エコプロジェクト管理者 Mr. Mathhew Kuzio
12:35-13:00 ウランバートルにおけるアパートの断熱改修プロジェクトについて
独国際協力機構(GIZ)プログラムディレクター Ms. Ruth Erlbeck
13:00-13:10 議論
13:10-13:20 ウランバートルにおける石炭のガス代替プロジェクトについて
エネルギー資源有限会社ガスプロジェクト管理者 Mr. N. Purevdagva
13:20-13:30 議論
オプション
15:30-17:00 PoA案件相談

ページの先頭へ戻る