活動報告
新メカニズム及びMRVに関するワークショップ

IGESとモンゴル自然環境・観光省国家CDM事務局(CDM NB-MNET)は、2011年7月4日に新メカニズムに関する理解の向上と削減量の算定・報告・検証(MRV制度)構築に向けモンゴル政府気候変動関係職員を対象としたワークショップを共催しました。本ワークショップでは、新メカニズムの概要、モンゴルの環境・気候変動・低炭素政策について、NAMAのMRV方法まとめについて、コベネフィット・アプローチを用いた事例の紹介、モンゴルの温室効果ガスインベントリとエネルギーセクターの今後の見通しについて、ウランバートル市の大気汚染対策の下での緩和行動対策についての発表が行われました。政府職員を中心に約30名が参加し、各プレゼンテーション後には質疑応答及び詳細な議論が行われました。

日時
2011年7月4日
場所
モンゴル政府第3庁舎、ウランバートル(モンゴル)
主催
-モンゴル自然環境・観光省国家CDM事務局(CDM-NB MNET)、
-(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
言語
英語、モンゴル語
アジェンダ
09:40-10:20 開会挨拶
モンゴル自然環境・観光省 副大臣 Mr. Ch. Jargalsaikhan
モンゴル自然環境・観光省 国家CDM事務局代表 Ms. B. Tsendsuren
IGES 市場メカニズムグループ副ディレクター 小圷一久
セッション1:NAMAと新メカニズム
10:20-11:10 新メカニズムの概要
IGES 市場メカニズムグループ副ディレクター 小圷一久
11:00-11:15 コーヒーブレイク
11:15-12:15 議論
12:15-14:00 ランチブレイク
14:00-14:30 モンゴルの環境・気候変動・低炭素政策について
モンゴル自然環境・観光省 気候変動調整室主席 気候変動大使 Dr. D.Dagvadorj
セッション2:NAMAのMRV
14:30-15:10 NAMAのMRV方法まとめ
IGES 市場メカニズムグループ副ディレクター 小圷一久
15:10-15:50 議論
15:50-16:10 コベネフィット・アプローチを用いた大気汚染物質とCO2排出量の算定事例
IGES 市場メカニズムグループアシスタントリサーチャー 小柳百合子
16:10-16:40 議論
16:30-16:40 コーヒーブレイク
16:40-17:00 モンゴルの温室効果ガスインベントリとエネルギーセクターの今後の見通し
第2回モンゴル国別報告書テーマ別ワーキンググループメンバー Dr. D.Dorjpurev
17:00-17:10 議論
セッション3:大気汚染対策プログラムの下での緩和行動
17:10-17:55 ウランバートル市の大気汚染対策の下での緩和行動対策
モンゴル自然環境・観光省 環境・天然資源部 Mr. Ts. Munkhbat
17:55-18:05 議論
18:05-18:20 まとめ
IGES 市場メカニズムグループ副ディレクター 小圷一久

ページの先頭へ戻る