ニュース&イベント

インド バイオガス・バイオマスセクター向けクリーン開発メカニズム(CDM)キャパシティビルディングワークショップ

IGESは、2010年10月1日にWIIとバイオマス・バイオガスセクター事業者向けCDMキャパシティビルディングワークショップを開催しました。午前のセッションでは、WIIよりCDMプロジェクト事業化方法に関する紹介、インド工科大学教授よりタミルナドゥ州との行政ゴミからのバイオガス発電プロジェクトを中心とした技術的手法の説明がありました。午後のセッションでは、ゴールドスタンダード事務局より、調理用バイオマスストーブプロジェクトのゴールドスタンダード認証に関する説明と、IGESからバイオマスプロジェクトの再審査/却下の統計分析及びプログラムCDM実施に関する情報提供を行いました。参加者はコンサルタント、関連事業者、エネルギー関係者等、約30名が集まり、ディスカッションセッションでは、インドにおけるバイオマス・バイオガスやそれ以外のCDM案件開発に関する課題についての議論がされました。
日時
2010年10月1日
場所
プライドホテル、バンガロール(インド)
主催
ウィンロック・インターナショナル・インド(Winrock International India: WII)    
財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
アジェンダ
10:00-10:45 開会挨拶
  開会挨拶及びワークショップ概要説明
 
- Mr. Debajit Das ウィンロック・インターナショナル・インド、シニアプログラムオフィサー
  インドにおけるIGESの活動
 
- 大久保望 IGES市場メカニズムグループ 研究員
  謝意表明
 
- Mr. Debajit Das ウィンロック・インターナショナル・インド、シニアプログラムオフィサー
10:15-10:45 挨拶
 
- Mr. Aloke Mukherjea, Chairman, Expert Technical committee, ECAC, WBPCB, and Chairman, Flakt-Woods, Flakt(India) Ltd
10:45-11:00 休憩
11:00-12:15 クリーン開発メカニズム(CDM)入門(CDMの基礎、目的、潜在的可能性、利点及びインドにおける状況)
 
- Mr. Debajit Das ウィンロック・インターナショナル・インド、シニアプログラムオフィサー
12:15-13:00 バイオマス、廃棄物発電プロジェクトにおける利用可能な技術的オプション
 
- Dr S. Mohan インド工科大学マドラス校土木工学部 学部長
13:00-14:00 昼食
14:00-14:30 カルナタカ州におけるバイオマス発電の可能性
 
- Mr Ramesh Nagar, DGM, KREDL
14:30-15:00 バイオマスプロジェクトのCDMの可能性
 
- Mr. Debajit Das ウィンロック・インターナショナル・インド、シニアプログラムオフィサー
15:00-15:30 調理用ストーブ利用のゴールドスタンダードプロジェクトとVER方法論
 
- Mr. Sriskandh Subramanian ゴールドスタンダード事務局 テクニカルエキスパート
15:30-15:45 休憩
15:45-16:15 バイオマスプロジェクトの再審査・却下分析
 
- 福井祥子 IGES市場メカニズムグループ 研究員補助
16:15-16:45 バイオマスプロジェクトのプログラムCDMアプローチと実用化
 
- 大久保望 IGES市場メカニズムグループ 研究員
16:45-17:15 ケーススタディ:サムハ調理用ストーブ
 
- Ms. Sudha Padmanabhan フェアクライメートネットワーク
17:15-17:30 閉会/フィードバック
お問い合わせ
  (財)地球環境戦略研究機関
市場メカニズムグループ
046-855-3826
E-mailはこちら

ページの先頭へ戻る