ニュース&イベント

2012年度日中協力低炭素発展高級研修の実施
公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、環境省からの委託を受けて平成24年度新メカニズムの構築に係る途上国等人材育成支援事業を実施しています。中国における人材育成支援事業活動の一つとして、2012年7月24日から8月4日まで、国家発展改革委員会・環境保護部・気象局・低炭素発展モデル業務及び炭素排出権取引モデル業務実施省・市の代表を対象に、低炭素発展モデル業務実施能力及び国内排出量取引制度モデル事業実施能力の向上を目的として研修を実施いたしました。
日時
2012年7月24日―8月4日
主催
環境省
実施機関
(公財)地球環境戦略研究機関
【研修の概要】
本研修では、中央政府関係省庁幹部並びに低炭素省区及びモデル都市¹国内排出量取引制度モデル事業省市²の職員等を対象とし、以下の内容について環境省をはじめ地方自治体(東京都・横浜市・京都府・北九州市)や関係機関(経団連・パナソニック・NTTデータ・IGES・京セラ・京エコロジーセンター・北九州エコタウン・アジア低炭素化センター)で研修を実施しました。
  • 低炭素・グリーン発展の支援に関する政策
  • 低炭素排出を特徴とした産業体系の構築
  • 温室効果ガス排出に関する統計データ及び管理体制の構築
  • 温室効果ガス排出総量抑制目標の推計・確定方法
  • 温室効果ガス排出量割当計画の制定方法
  • 排出量取引制度の監督管理体制及び登録簿システムの整備方法
  • 低炭素型ライフスタイルと消費モデル、住民意識の考察
  • 日本の炭素市場構築の経験
  • 北九州、京都等日本の低炭素モデル都市での取組事例(低炭素コミュニティなど)

本研修には、国家発展改革委員会(NDRC)の気候変動対応司孫翠華副司長を団長とし、気象局・環境保護部の中央政府幹部、遼寧省・湖北省・陝西省・雲南省・天津市・重慶市・深セン市・アモイ市・南昌市・貴陽市・保定市・北京市・上海市の地方政府幹部、さらにはIGESと協力友好機関である清華大学等から合計21名が参加いたしました。

環境省での研修では、地球温暖化に対する政府の取り組みからはじまり、インベントリや温室効果ガス算定報告公表制度、JVETS・JVERなど低炭素社会を構築する上で重要な制度について理解を深めました。また、地方自治体での研修では、東京都・京都府が実施する排出量取引制度、横浜市や北九州市が取り組むスマートシティ・コミュニティ事業について研修を受け、関係機関など企業の取り組みとして、太陽光発電、CEMS(コミュニティエネルギー管理システム)・BEMS(ビルエネルギー管理システム)・HEMS(ホームエネルギー管理システム)などの現場を視察しました。研修最終日には、本研修の総括を行い、研修参加者より中国国内における低炭素発展に向け、日中で更に協力を進めてほしいとの要望も出されました。


¹
  国家低炭素省区及び低炭素都市モデル業務の概要:2010年7 月(注:実際に発表されたのは8月)、国家発展改革委員会は「低炭素省区及び低炭素都市モデル業務の実施に係る通知」を発表した。これは中国が温室効果ガス排出抑制に係る2020年行動目標を実現するための重要な措置である。各地域の特徴と分布を勘案して5省(広東省、遼寧省、湖北省、陝西省、雲南省)及び8都市(天津市、重慶市、深セン市、アモイ市、杭州市、南昌市、貴陽市、保定市)でモデル業務を実施することを決定した。具体的には以下の5つの業務を実施する。(1)低炭素発展計画の作成、(2)低炭素型発展の支援に関する政策、(3)低炭素排出を特徴とした産業体系の速やかな構築、(4)温室効果ガス排出に関する統計データ及び管理体制の構築、(5)低炭素型ライフスタイルと消費モデルの形成

²
  国内排出量取引制度モデル事業の概要:2011年3月に公布した第12次5カ年計画では、中国が温室効果ガス排出に関する統計・検証制度、排出量取引制度を整備することを規定。第12次5カ年計画の規定のもと、国家発展改革委員会は「炭素排出量取引モデル業務の実施に係る通知」を発表した。排出量取引モデル事業を展開する2 省5市(広東省、湖北省、天津市、重慶市、深セン市、北京市、上海市)に、総量削減総量規制目標及び排出枠割当計画、検証機関、登録簿システム、取引システムを構築することを決定した。

経団連会議室にて講義
 
環境省研修時集合写真
(中央が環境省鈴木正規地球環境局長)

IGES施設見学

横浜市温暖化対策統括本部 
名倉課長による講義

京都府研修時の集合写真 その1

京都府研修時の集合写真 その2
(中央が京都府山内修一副知事)

京(みやこ)エコロジーセンター視察

京セラ研修時の風景

北九州研修時の集合写真
(右端が北九州市北橋健治市長)

アジア低炭素化センターでの研修
小田真由美課長による講義

北九州市水素タウン視察 その1

北九州水素タウン視察 その2

研修総括の風景 その1

研修総括の風景 その2
お問い合わせ
  公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
〒240-0115神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
市場メカニズムグループ 担当:高橋、張
Tel:046-855-3822
E-mailはこちら

IGES北京事務所
中華人民共和国北京市朝陽区育慧南路1号
中日友好環境保護中心508室
(IGES中日合作項目弁公室)
E-mailはこちら

ページの先頭へ戻る