横須賀市立公郷中学校IGES訪問

会場の様子

このたび横須賀市立公郷中学校の生徒約20名が、総合学習の一環としてIGES葉山本部を訪問、館内案内の後、研究員の講義を受講しました。

IGES葉山本部を訪問したのは中学2年生の生徒19名と引率の教師2名。「アジアにおける水汚染対策」についてベントナムのバオ研究員(自然資源環境エリア水資源グループ)より英語で講義を受けました。

まず初めに、バオ研究員の自己紹介とともに、ベトナムの国について説明がありました。続いて、バオ研究員の携わっている、アジア地域における水汚染問題の研究と活動について講義がありました。

また、講義の最後に、質疑応答があり「研究員になったきっかけ」や「仕事をしていてやりがいを感じるときは?」「壁にぶつかったときの対処方法」など多岐にわたる質問にバオ研究員も自らの体験をもとに応え、生徒たちも熱心に耳を傾けていました。

子供たちにとっても、環境問題に触れ、また、外国人の研究員との交流を通して、貴重な経験になったのではないでしょうか。

今後とも地域の学校との連携を通して総合学習の一助になるよう進めていきたいと考えています。

日時 2015年6月2日(火)10:00 - 12:00
場所 IGES本部 第一会議室
主催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
写真

ページの先頭へ戻る