ISAP2018

Driving Transformative Actions through Integrated and Innovative Approaches

日本語 | English

Plenary Session 5

10:55 - 12:45 Room No.301+302

変革を追い風に-先駆者たちの挑戦-

パリ協定が掲げた脱炭素社会への転換には、これまでの技術や制度の延長線上の取組みでは不十分で、技術革新を促しつつ、経済・社会システムの再構築という難易度の高い課題に向き合う必要がある。脱炭素化に向けて大きく舵を切った国や地域においては、抜本的な構造改革の課題に自治体や企業が真摯に向き合い、地域経済の活性化や競争力の強化を図る試みが数多く見られる。
本セッションでは、先進的な取組みを進める研究機関や企業を招き、脱炭素社会への転換を見据えた挑戦や、企業の事業ポートフォリオの再構築の事例などを学ぶ。また、各主体がより難易度の高い分野での脱炭素化に向き合い、これを地域の持続可能性や企業の競争力に結びつけていくために、それぞれの主体が果たす役割について議論する。

スピーカー

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
第3作業部会(緩和)共同議長

ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所 フューチャー・エネルギー・アンド・モビリティ・ストラクチャーズ ディレクター

エネルギー資源研究所(TERI)
上席フェロー

DSM株式会社 代表取締役社長

名古屋大学 大学院 環境学研究科 教授
(国際法・環境法)

気候投資基金(CIF)代表

IGES 研究顧問

Day1 2018年7月18日 9:00~17:30
Day2 2018年7月19日 9:00~18:00