s

ISAP2018

Driving Transformative Actions through Integrated and Innovative Approaches

日本語 | English

Thematic Track 2

16:00 - 17:30 Room No.303

タラノア対話への招待: 一人ひとりの物語が世界を変える

タラノア対話とは、パリ協定で合意された「2度/1.5℃目標」達成のために、各国が掲げる国別目標(NDC)をより意欲的に見直すことを目的に、2018年1月から実施されている対話のプロセスです。「タラノア」は、フィジーの言葉で「包摂的、参加型、透明な対話プロセス」を意味します。気候変動問題に取り組むあらゆる主体が「今」、「目標」、「目標を実現する手段」というそれぞれのストーリーを語り共有することで、お互いの理解を深め、共通のゴールに向かうための取り組みです。本セッションでは、そのプロセスと意義、進捗を明らかにするとともに、日本からもより多くの方が「ストーリー」を語り、タラノア対話に参加するための方法をご紹介します。

スピーカー

IGES 気候変動とエネルギー領域
リサーチリーダー / 上席研究員

イオン株式会社グループ環境・社会貢献部 部長

長野県 副知事

横浜市 温暖化対策統括本部長

気候ネットワーク 理事

環境省 地球環境局 総務課 研究調査室長

ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所 フューチャー・エネルギー・アンド・モビリティ・ストラクチャーズ ディレクター

IGES 特別研究顧問 / イクレイ日本 理事長

Day1 2018年7月18日 9:00~17:30
Day2 2018年7月19日 9:00~18:00