ISAP2015 パラレルセッション

測定・報告・検証(MRV)を通じた緩和活動の促進

アジア地域における国・都市は気候変動に脆弱なため、中央及び地方政府政策担当者は持続可能な都市づくりのために気候変動による影響へ対応するための解決策を模索している。また、都市化及び人口増加により、商業及び産業セクターにおけるエネルギー需要は増加している状況にある。本セッションでは、インドネシアで実施されている測定・報告・検証(MRV)のための方法論開発に関する実地研究を参考にしながら、インドネシアにおける国レベル又は地域レベルでの緩和政策や行動の現状、今後の課題について状況の報告を行う。また、パネルセッションでは、ボゴール市を対象事例として、科学に基づく政策支援のあり方や、都市レベルにおける産官学の連携を通じた温室効果ガス排出量やエネルギー消費量削減のための戦略について検討する。

登壇者

[スピーカー]

Role of MRV and necessary condition to address Climate Change
竹本 明生,
環境省 地球環境局研究調査室 室長
PDF (2.1MB)
ビマ・アリヤ・スギアルト, インドネシア ボゴール市長 PDF (1.4MB)
International Collaborative Research for Innovative Modelling and Monitoring for Low Carbon Society and Eco-Cities in Indonesia
藤田 壮,
国立環境研究所(NIES)社会環境システム研究センター長
PDF (1.9MB)
DEVELOPING INNOVATIVE MRV SYSTEM TO SUPPORT THE REALIZATION OF ECO/GREEN CAMPUS IPB
リザルディ・ボアー,
ボゴール農科大学東南アジア太平洋気候変動リスク管理センター所長
PDF (2.2MB)

[討論者]

竹本 明生, 環境省 地球環境局研究調査室 室長
SMART AND SUSTAINABLE CITY POLICY of Bogor City
スハルト,
インドネシア・ボゴール市地方開発企画庁 ヘッド
PDF (1.2MB)
リザルディ・ボアー, ボゴール農科大学東南アジア太平洋気候変動リスク管理センター所長
アハマッド・グナワン・ウジャクソノ, インドネシア環境・林業省 気候変動総局 セクター・地域資源動員課 課長
横田 達也, 国立環境研究所(NIES)地球環境研究センター衛星観測研究室 室長 PDF (696KB)
藤井 実, 国立環境研究所(NIES)社会環境システム研究センター主任研究員
How to enhance and support energy savings in Indonesia
高橋 健太郎,
IGES気候変動とエネルギー領域タスクマネージャー/主任研究員
PDF (163KB)

[閉会挨拶]

塚本 直也, IGES統括研究プログラムマネージャー/事務局長

[モデレーター]

藤田 壮, 国立環境研究所(NIES)社会環境システム研究センター長
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
  • ISAP2015_Pl8_photo
日 時 2015年7月29日(水) 14:00-15:30 言 語 日本語・英語
会 場 パシフィコ横浜会議センター501号室 セッション番号 PL-8

Downloads

  1. サマリーレポート
    (3.4MB)
Climate Change Sessions

ページの先頭へ戻る