ISAP2015 パラレルセッション

アジアの廃棄物処理:現場のニーズを踏まえた技術移転

国連環境計画(UNEP)国際環境技術センターは、環境上適正な技術の途上国への普及促進のため、1992年に設立された。現在、あらゆる形態の廃棄物を対象とする「ホーリスティックな廃棄物管理」を中心に活動している。大阪にあるこの国際機関を最大限活用し、日本の技術を生かした環境問題の解決に寄与するため、2014年12月、UNEPとIGESは、環境省の専門家委員会の提言を受けて、「IGES・UNEP環境技術連携センター」の設立に合意した。本セッションは、同センターの設立を記念し、廃棄物管理におけるUNEPの活動を紹介するとともに、アジア太平洋諸国における廃棄物処理技術のニーズを展望し、これらのニーズに応えるための方策について議論する。

登壇者

[スピーカー]

スレンドラ・マン・シュレスタ, 国連環境計画 国際環境技術センター(UNEP-IETC)所長 PDF (2.3MB)
Introducing IGES Collaboration Centre with UNEP on Environmental Technology
小野川 和延,
IGESシニアフェロー
PDF (933KB)

[コメンテーター]

Towards Holistic Waste Management in Asia Pacific: Multi-stakeholder Impact
アガムトゥ・パリアタンビィ,
マラヤ大学科学学部生物科学研究所 教授
PDF (1.1MB)

[討論者]

スレンドラ・マン・シュレスタ, 国連環境計画 国際環境技術センター(UNEP-IETC)所長
アガムトゥ・パリアタンビィ, マラヤ大学科学学部生物科学研究所 教授
須賀 義徳, 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室 課長補佐
ニダ・C・カブレラ, フィリピン・セブ市市議会議員
三原 眞, 大阪市環境局環境施策部環境施策課都市間協力担当 課長代理
高橋 元, JFEエンジニアリング株式会社 海外統括本部 部長代理

[モデレーター]

小野川 和延, IGESシニアフェロー
  • ISAP2015_Pl6_photo
  • ISAP2015_Pl6_photo
  • ISAP2015_Pl6_photo
  • ISAP2015_Pl6_photo
  • ISAP2015_Pl6_photo
日 時 2015年7月29日(水) 11:00-12:30 言 語 日本語・英語
会 場 パシフィコ横浜会議センター502号室 セッション番号 PL-6

Downloads

  1. サマリーレポート
    (3.4MB)
SDGs Sessions

ページの先頭へ戻る