ISAP2015 パラレルセッション

アジア太平洋地域にふさわしい
持続可能な消費と生産への移行: 優先課題と機会

アジアの都市化と経済発展に伴い、資源効率型の発展、持続可能な消費と生産(SCP)が重要となってきている。SDGsでもSCPは重要な目標として国際的に位置づけられており、欧州ではSCP政策研究が先行している。こうした中で、多様な経済を擁するアジアでは、持続可能性の目指すべきビジョンについて、より具体的なイメージの提供をすることが期待されており、その実現方策に関する研究が望まれる。本セッションでは、SCP政策研究の課題及びアジアでのSCP定着に向けた研究の方向性について議論する。

登壇者

[スピーカー]

Policy Design and Evaluation for Sustainable Consumption and Production Patterns in Asian Region: A Challenge from Japan
平尾 雅彦,
東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻教授
PDF (748KB)
Sustainable consumption and production – a European Perspective
アーノルド・タッカー,
ライデン大学産業エコロジー教授/環境科学センター科学ディレクター
PDF (1.8MB)
Activities of APRSCP and priority issues of SCP in Asia and the Pacific region
タムロンラット・ムンチャルエン,
持続可能な消費と生産に関するアジア太平洋円卓会議(APRSCP)副議長
PDF (772KB)

[モデレーター]

堀田 康彦, IGES持続可能な消費と生産領域エリア・リーダー/上席研究員
  • ISAP2015_Pl12_photo
  • ISAP2015_Pl12_photo
  • ISAP2015_Pl12_photo
  • ISAP2015_Pl12_photo
  • ISAP2015_Pl12_photo
  • ISAP2015_Pl12_photo
日 時 2015年7月29日(水) 15:45-17:15 言 語 日本語・英語
会 場 パシフィコ横浜会議センター502号室 セッション番号 PL-12

Downloads

  1. サマリーレポート
    (3.4MB)
SDGs Sessions

ページの先頭へ戻る