Results 1 - 10 of 20 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯
本稿で紹介するインドネシアの東カリマンタン州は1980年代に一部の県でアブラヤシ農園開発が始まった後、特に2000年代後半から、比較的最近になってアブラヤシ農園が急拡大しており、私の調査地を含めて、今でも天然二次林が伐採されてアブラヤシ農園が造成されている。アブラヤシ農園企業と地域住民の土地の権利を巡る争いも数多く起きており、地元の新聞で報道されることも多い。このようなアブラヤシ農園の拡大はどこまで続くのか、歯止めをかけることができるのか、それを東カリマンタン州の森林の状況、政策、制度、開発、地域住民の経済状況、土地の収用といった複数の点から考える。 本稿は『グリーンパワー』月刊2019年5月号に掲載された論考が『「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯』に再掲されたものである。
Keywords:
PR, Newsletter or Other
このレポートは、2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された森林に関するニューヨーク宣言(NYDF) について紹介し、2019年に公表された2つNYDFに関するレポートの概要の日本語訳を収録した。 1. 森林に関するニューヨーク宣言 2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された森林に関するニューヨーク宣言(NYDF) は、2030年までに森林を保護・回復し、天然林の減少を終わらせるという10の野心的で世界的な目標を掲げてている。 2. 5年間の進捗評価レポート(概要日本語訳) NYDFの採択から5年が経過したが、これらの目標が順調に進んでいるという証拠はほとんどなく、2020年までにNYDFの目標を達成することはおそらく不可能である。現状は芳しくないものの...
PR, Newsletter or Other
Climate Edge Vo.27では、日本における中長期的な温暖化対策の立案に貢献するため、カーボン・バジェットの概念の科学的背景、カーボンプライシングの概念整理、地球温暖化対策における国際貢献のあり方に関する見解をまとめました。
PR, Newsletter or Other

パリ協定における気候資金に関する決定とその意味

アジ研ワールド・トレンド
PR, Newsletter or Other
The climate Edge
Author:
NISHIOKA Shuzo, MASUI Toshihiko, FUJII Yoshihiro, SHINOKI Mikiko, OTSUKA Tadashi and FUJINO Junichi
PR, Newsletter or Other
This booklet aims to provide relevant information on Japanese low carbon technologies and services and the various mechanisms, schemes and initiatives for enhancing the transfer and diffusion of low carbon technologies in developing countries in the Asian region. The booklet was commissioned by the Ministry of the Environment, Japan (MOEJ), as part...
PR, Newsletter or Other
本冊子は、日本の低炭素技術・サービスに関する情報や、アジア地域の途上国における低炭素技術の移転・普及を促進するための様々なメカニズム、スキームおよびイニシアティブについての情報を提供することを目的としている。アジア8 ヶ国(バングラデシュ、インド、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム)における日本の低炭素技術の更なる普及を促進するため、またアジアにおける気候技術センター・ネットワーク(CTCN)の活動をサポートするためのイニシアティブの一環として、日本の環境省の依頼によって作成された。 この目的のもと、本冊子では、日本の低炭素技術・製品の全体像について解説するとともに、一部の技術についてその具体例と照会先を掲載している。また、先進国および途上国のステークホルダーが...