Results 1 - 10 of 99 (Sorted by date)
Discussion Paper
The enhanced transparency framework (ETF) under Article 13 of the Paris Agreement (PA) builds on and enhances the existing transparency arrangements under the UN Convention on Climate Change (UNFCCC). The objective of this paper is to identify to what extent the existing reporting of greenhouse gas (GHG) inventories and mitigation actions by...
Discussion Paper
This paper provides some background information on coal industry transition that has occurred recently in China, and shows prospects for better transition management with a focus on employment. Using statistical data and scenario analysis results provided in existing literature, changes in coal consumption, production and international trade in...
Discussion Paper
本稿では、クリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクト毎に、投資分析に用いられた財務指標を用いて、非追加性の判定を行った。加えて、2017年12月までに発行された認証削減量(CER)に対して非追加的なプロジェクトからのCER量を推計した。本分析によって得られた主な結論は以下の通り。 • 2017年12月までにCDMプロジェクトから発行された1,877MtCO2の認証削減量(CER)のうち、非追加的なプロジェクトから発行されたCERが605MtCO2(全体の3割%)と計算された。 • プロジェクトタイプ別では、発行済みCERのうち水力発電プロジェクトの約8割、風力発電の約8割が非追加的なプロジェクトから発行された。一方で...
Discussion Paper
This papers informs the current progress and lessons from the Joint Crediting Mechanism (JCM) and how they will contribute to the efforts in climate mitigation, especially Post-2020 to achieve the Nationally Determined Contributions (NDCs) in the context of Article 6 of the Paris Agreement. Upon the analysis of IGES researchers, this report offer...
Discussion Paper
2016年2月、日本の温室効果ガス排出量の約4割を占める電力部門における排出削減の取り組みが明らかになりました。本ペーパーでは、これまでに至る経緯を概観した後、自主的枠組みと制度的仕組みを紹介し、電力部門の低炭素化に向けた中長期的な観点からの課題及び石炭火力・ガス火力発電新設に伴う様々なリスクについてまとめています。Remarks:7月15日改訂 ○石炭火力及びガス火力発電に対するポリシーミックスの在り方として、政府が講じる政策措置は電気事業低炭素社会協議会を中心とする自主的取り組みを促すものであることを明記致しました。 ○火力発電所の設備容量に関するデータの更新、発電所の年式別熱効率のデータを追加致しました。 ○2030年、2050年時点で想定されるCO2排出量及び各時点の原単位目標...
Discussion Paper
2℃目標の達成には、国家レベルの中長期ビジョンに加え、自治体、企業の気候変動分野での取り組みを連携させる仕組みの導入が鍵となります。UNFCCC/COP21で採択されたパリ協定に非国家主体による気候アクションが明記されたことを踏まえ、自治体の主体的なアクションを促すために必要なUNFCCCでの制度や、自治体にとってのメリットについて考察します。Remarks:English Summary: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=6197
Discussion Paper
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下、各国が2020年以降の約束草案を提出する中、市場メカニズムの役割が重要である。このうち、二国間クレジット制度(JCM)は、UNFCCCの究極的な目的である気候変動の安定化に貢献する、新たな市場メカニズムである。本稿では、JCMの制度構築の現状に基づき、JCMによる追加的な排出削減への貢献について考察する。Remarks:English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=6150
Discussion Paper
Based on the current status of the JCM as a scheme, the working paper discusses how it will contribute to realising additional greenhouse gas emissions reductions. The JCM that the Government of Japan advances jointly with partnering developing country governments is a mechanism for implementing projects that deliver greenhouse gas emissions...