Results 1 - 10 of 211 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Sustainability: Science, Practice and Policy
Author:
Tomohiro
Tasaki
Yusuke
Kishista
Eri
Amasawa
Pongsun
Bunditsakulchai
Jitti
Mungkalasiri
Masahiko
Hirao

Ensuring sustainable consumption and production (SCP) patterns is an important task for achieving Sustainable Development Goal 12 by 2030. To facilitate international and domestic collaboration toward regional SCP, we developed a collaborative workshop method to generate and structure ideas about consumption and production (CP) patterns and...

Commissioned Report

本調査では、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランド及びフランスの 5 カ国を対象に、各国の持続可能な開発目標(SDGs)の①実施体制、②進捗状況の評価方法、③その 他独自の取組を調べた。これらの国は持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団が発表している SDG 指数等、SDGs の進捗状況に関する世界ランキ ングで常に上位につけている。これらの国の実施体制や進捗状況の評価方法等を理解する ことは、日本を含む他の国々における SDGs の実施を強化するのに有益と考えられる。 調査は、机上調査と聞き取り調査を組み合わせる手法をとった。机上調査では、各国の自発 的国家レビュー(VNR)、SDGs 行動計画、その他の関連文書を精査した。さらに、5...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Presentation

オーストラリア② <先進事例:違法伐採禁止法>

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会において、先進事例としてオーストラリアの違法伐採対策について発表した。

Data or Tool

IGES JCM Database provides detailed information on the JCM MRV methodologies, projects, feasibility studies, and decision-making processes. The JCM is implemented by the Government of Japan with 17 partner countries; Mongolia, Bangladesh, Ethiopia, Kenya, Maldives, Viet Nam, Lao PDR, Indonesia, Costa Rica, Palau, Cambodia, Mexico, Saudi Arabia...

Commissioned Report

エネルギー対策特別会計を用いた海外でのCO2排出削減事業の効果測定、優先順位付け等に貢献することを目的に、以下の業務を実施した。


1.低炭素技術の国際的評価と効率的な普及方策; 1) 日本の低炭素技術の国際普及に向けた技術マッチメイキング・プラットフォームの効果の評価とその強化策の検討及び評価、2) JCM スキームによる低炭素技術の国際普及による効果等の評価及び同技術の効果的な普及策の提案、インド及びタイにおける活動の成果の共有並びに今後の活動・連携強化に関する協議等をおこなうため、3) 国内検討会を開催し、活動を総括した。

2. 都市間連携事業のスケールアップに向けた評価・検証; 2013 年度以降に実施してきた案件形成事業から選定した事業に関して1)...

Research Report
Author:
Adcharaporn
Pagdee
Canesio D
Predo
Cossey K.
Yosi
Stewart
Serawe
Mark
Mameek Winai
Isao
Endo

Although it is widely acknowledged that forests provide critical ecosystem services for human survival and well-being, in the Asia-Pacific region forests are being converted to other land uses and degraded at alarming rates. One underlying factor for this destruction of forests is market failure. Forests are cleared for other land uses or degraded...

Presentation
10th International Conference on Industrial Ecology
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

In this study, carbon footprints of households are estimated based on a combination of physical consumption and monetary-based data. Long-term targets for carbon footprints are established based on a review of existing emission scenarios. Hotspots for lifestyle carbon footprints, in nutrition, housing, mobility, and other domains, are identified...

Research Report
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

Tämä raportti ehdottaa hiilijalanjälkitavoitteita ja vaihtoehtoja sille, miten yhteiskunta voi elämäntapamuutosten kautta rajoittaa ilmaston lämpenemisen enintään 1,5 asteeseen Pariisin ilmastosopimuksen tavoitteiden mukaisesti. Sekä aihetta käsittelevä kirjallisuus että poliittinen päätöksenteko ja liike-elämä ovat toistaiseksi keskittyneet...

Technical Report
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

This report demonstrates that changes in consumption patterns and dominant lifestyles are a critical and integral part of the solutions package to addressing climate change. The report fills a gap in the existing research by establishing global targets for lifestyle carbon footprints, examining current consumption patterns and their impacts on...