Publications Search

Results 1 - 10 of 53 (Sorted by date)
Submission to Policy Process

Municipal Solid Waste (MSW) management, particularly final disposal as open dumps has become a global issue. Worldwide, dumpsites are the third largest anthropogenic source of methane, accounting for 11 percent of estimated global methane emissions or 881 million tonnes of CO2 equivalent. The 50 largest dumpsites affect the daily lives of 64...

Presentation
Policy dialogue under the city to city collaboration between Da Nang and Yokohama toward low-carbon smart city
Author:

The presentation at the policy dialogue meeting under the city to city collaboration (between Da Nang and Yokohama) project funded by Ministry of Environment Japan. IGES presented the key GHG reduction potential areas and targets for formulating climate action plans in Da Nang city. The further research consortium was also suggested involving key...

Non Peer-reviewed Article
In 地球環境研究センターニュース

10月26日の菅首相の所信表明で、ようやく2050年脱炭素社会日本へ移行の号砲が鳴った。菅首相の宣言後、なぜ温室効果ガスの排出実質ゼロなんだとか、2050年までに脱炭素社会ができるのか、といった論議がある。しかしこれはできるできないではなく、宣言があろうがなかろうが、立ち向かわざるを得ない人類生存の問題、自然の理なのである。

記事全文はこちら:http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/2021_special/362001.html

Policy Brief
Author:

Effective solid waste management is critical for achieving sustainable development in municipalities. In the last half century, urban cities around the world have grown significantly, and experts forecast that this trend will continue into the future. Increased populations coupled with rapid urban buildup put enormous stress on municipalities...

Submission to Policy Process
Author:
W.M.D.
Lanza
Ruwanthi
Fernando
H.A.U.K.
Gunarathane
Hemanthi
Goonasekera
Subakaran
Arumaithurai
Shivantha
Goonasekera
Anurudda
Karunarathana
Thilini
Rajapaksha

The Waste Management Strategy and Action Plan (WMSAP) for Negombo is the outcome of committed team effort of city officials led by the Mayor and Commissioner of the Negombo City. The strategy also received inputs from committee members of Negombo Municipal Council (NMC) which comprised of Finance Committee, Health Committee, Industrial Committee...

PR, Newsletter or Other

「北摂里山地域循環共生圏」が目指す姿は、西谷、中谷、東谷の3地区のそれぞれの強みと弱みを補完し、融合を進めることで、豊かな自然環境を保全し、さらに近接する都市部住民との交流を積極的に促すことにより地域経済を活性化し、里山文化保全を中心とした地域循環共生圏モデルを形成することです。その実現に向けた具体的な活動として、以下の5つを実施する。

1) 太陽光発電と農業を両立させたソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の普及・拡大

2) 間伐材や剪定枝葉を原料とした木質チップやペレットの生産及び乳牛ふん尿からのバイオガス生成等のバイオマスの利活用

3) 太陽光発電による電力及びバイオガス(バイオ燃料)利用によるクリーンで住民及び訪問者の需要に応じた地域交通システムの構築

4)...

Keywords:
Commissioned Report

平成2811月に発効したパリ協定の下、地球の気温上昇を産業革命前に比べて2℃よりも十分低く抑え、さらには1.5℃未満に抑えるための努力を追及するために、低炭素社会の実現に向けた取組の促進が求められている。平成3012月にはポーランド・カトヴィツェで開催されたCOP24にて、2020年からの各国の具体的な義務を定めたルールブックも採択された。このパリ協定の目標を達成するためには、経済成長が著しい途上国において、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。とりわけ、社会経済の発展を支える活動の場である都市の低炭素化に向けた取組は重要であり、国際的にも都市の取組を支援する動きが強化されてきている。令和21月にはパリ協定が始動し、このような動きがさらに加速している。

...
Commissioned Report

エネルギー対策特別会計を用いた海外でのCO2排出削減事業の効果測定、優先順位付け等に貢献することを目的に、以下の業務を実施した。


1.低炭素技術の国際的評価と効率的な普及方策; 1) 日本の低炭素技術の国際普及に向けた技術マッチメイキング・プラットフォームの効果の評価とその強化策の検討及び評価、2) JCM スキームによる低炭素技術の国際普及による効果等の評価及び同技術の効果的な普及策の提案、インド及びタイにおける活動の成果の共有並びに今後の活動・連携強化に関する協議等をおこなうため、3) 国内検討会を開催し、活動を総括した。

2. 都市間連携事業のスケールアップに向けた評価・検証; 2013 年度以降に実施してきた案件形成事業から選定した事業に関して1)...