Results 1 - 10 of 63 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 海外の森林と林業
Author:
基志
平塚
最近、地球温暖化対策において森林を含めた土地 利用分野の重要性が強調されている。2015 年の国 連気候変動枠組条約の第21 回締約国会議(COP 21)で採択されたパリ協定では、気温上昇を工業化 以前と比較して2℃ないしは1.5℃上昇までに抑えることが長期目標として合意された。これを受け、 IPCC が2018 年に公表した「1.5℃特別報告書」1)で は、目標達成のためにはすべての部門で従来にない 大規模なGHG 排出削減が必要であるが、それだけ では不十分で、森林等の吸収源を同時に活用する必 要性が示された。それに続いて2019 年に公表され た「気候変動と土地に関する特別報告書」2)を森林分野について要約すれば、現在は大きな排出源となっている天然林の減少を抑制し、2050 年までに...
Non Peer-reviewed Article
In The ASEAN
ASEAN Member States have proactively taken measures to address the issue of climate change at the national and regional levels. However, some developing Member States have been facing challenges in meeting their transparency reporting requirements due to capacity constraints. Recognising these capacity gaps and the urgent needs for transformation...
Non Peer-reviewed Article

土地利用気候変動に影響

In 公明新聞
IPCCの特別報告書「気候変動と土地」について解説した。
Non Peer-reviewed Article
In Ngingit
Author:
Yumi
Kato
Masahiro
Ichikawa
This paper describes the trans-river migration of the Iban and Bekatan to the Tatau River Basin in Bintulu Division, Sarawak. Until the beginning of the nineteenth century, the Iban and Bekatan did not inhabit the Tatau River Basin, but migrated there from other river basins from the middle of the nineteenth century onward. We describe the...
Non Peer-reviewed Article
In Ngingit
Author:
Yumi
Kato
Masahiro
ichikawa
This paper describes the trans-river migration of the Iban and Bekatan to the Tatau River Basin in Bintulu Division, Sarawak. Until the beginning of the nineteenth century, The Iban and Bekatan did not inhabit the Tatau River Basin, but migrated there from other river basins from the middle of the nineteenth century onward. We describe the...
Keywords:
Non Peer-reviewed Article
In 日経コンストラクション
グリーンインフラに通じる考え方で、生態系を活用した防災・減災を表すEco­DRR (Ecosystem-based Disaster Risk Reductionの略称)が国際的に注目を集めている。これは、生態系の管理、保全や再生により災害リスクを低減するとともに、人々が日ごろから享受している様々な自然の恵みを守っていこうとするものだ。日本から海外への政府開発援助(ODA)の実施を一元的に担うJICAでは、Eco-DRRを自然環境分野の4つの戦略課題の1つとして、これまでにも関連する取り組みを実施してきた。こうした背景から、海外におけるEco-DRRの社会実装推進にJICAが果たす役割が期待されている。8月30日にグリーンインフラ研究会が開催したセミナーでは、Eco...
Non Peer-reviewed Article
In 農村計画学会誌
生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)では、生物多様性と生態系サービスの評価や将来予測などを通じて、科学的な知見の政策活用を強化するための取組が進められている。とりわけ農業開発や都市化を含む社会経済の発展が著しく、これに伴って生物多様性や生態系の劣化が急速に進むアジア地域では、人間と自然が相互に作用し合う社会・生態システムの統合的な分析や将来予測・評価などの科学的根拠、ならびに科学的根拠を政策に有効活用するしくみを強化していくことが求められている。近年の研究では、科学と政策との接点が科学・政策インターフェイス(SPI)と総称されているが、本稿ではまず、欧州での先行研究に基づいてSPIの定義や捉え方、SPIが効果的に機能するための要件等について整理する...
Non Peer-reviewed Article

人と動物の関係を理解するための 生態学および人類学の学際的なデータの重要性

In 海外の森林と林業
第 26 回日本熱帯生態学会年次大会公開シンポジウム「変わりゆく熱帯で暮らす—人と動物たち」におけるコメント
Non Peer-reviewed Article

アジア地域における生活排水対策

In 生活と環境
Author:
Motoyuki Mizuochi