Results 1 - 10 of 2989 (Sorted by date)
Conference Proceeding
This proceedings is related to the awareness workshop on the opportunities of adoption of Japanese Low Carbon Technologies (LCTs) in the compressed air system in India on 25 January 2020 at Mumbai, India. The key objectives of the workshop were to: • Increase awareness about energy efficient air compressors and peripherals (hard technologies) along...
Conference Proceeding
This proceedings is related to the ‘Training of Trainers (ToT)’ workshop on Low Carbon Technologies (LCTs) and best practices in the compressed air system held on 11 February 2020 at Ahmedabad, Gujarat, India. The key objective of the TOT was to build the capacities of energy auditors and energy managers in the state of Gujarat on new and efficient...
PR, Newsletter or Other
「北摂里山地域循環共生圏」が目指す姿は、西谷、中谷、東谷の3地区のそれぞれの強みと弱みを補完し、融合を進めることで、豊かな自然環境を保全し、さらに近接する都市部住民との交流を積極的に促すことにより地域経済を活性化し、里山文化保全を中心とした地域循環共生圏モデルを形成することです。その実現に向けた具体的な活動として、以下の5つを実施する。 1) 太陽光発電と農業を両立させたソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の普及・拡大 2) 間伐材や剪定枝葉を原料とした木質チップやペレットの生産及び乳牛ふん尿からのバイオガス生成等のバイオマスの利活用 3) 太陽光発電による電力及びバイオガス(バイオ燃料)利用によるクリーンで住民及び訪問者の需要に応じた地域交通システムの構築 4) 農畜産物や市民農園...
Keywords:
Commissioned Report
This report summarized basic surveys and activities regarding; 1) Approach and efforts for the Formulation of Regional Circular and Ecological Sphere (Regional CES) in Hokusetsu area of Hyogo prefecture under MoEJ's Regional CES project 2) Promotion of the low carbon and energy saving technology transfer in India, as well as enhancement of...
Commissioned Report
エネルギー対策特別会計を用いた海外でのCO2排出削減事業の効果測定、優先順位付け等に貢献することを目的に、以下の業務を実施した。 1.低炭素技術の国際的評価と効率的な普及方策; 1) 日本の低炭素技術の国際普及に向けた技術マッチメイキング・プラットフォームの効果の評価とその強化策の検討及び評価、2) JCM スキームによる低炭素技術の国際普及による効果等の評価及び同技術の効果的な普及策の提案、インド及びタイにおける活動の成果の共有並びに今後の活動・連携強化に関する協議等をおこなうため、3) 国内検討会を開催し、活動を総括した。 2. 都市間連携事業のスケールアップに向けた評価・検証; 2013 年度以降に実施してきた案件形成事業から選定した事業に関して1) これまでの実施事業に対するレビュー...
Commissioned Report
Author:
悠子
元木
本業務では、途上国のNDC実施支援を行うとともに、各国の市場の状況等を踏まえ、途上国における新たな制度や規制の構築や既存制度の改善に寄与すること等を通じて、JCMを活用した優れた脱炭素・低炭素技術の展開及びJCMプロジェクトを契機とした横展開や普及拡大をさらに強化することを目的として、以下の4つの事業を行った。 本報告書はその成果についてとりまとめたものである。 (1)途上国及び都市におけるNDC策定支援 (2)途上国等における優れた脱炭素・低炭素技術の普及展開に向けた制度構築支援 (3)環境インフラ国別戦略(緩和)の策定支援 (4)業務成果の広報活動
Book Chapter
In Plastic Waste and Recycling Environmental Impact, Societal Issues, Prevention, and Solutions
Eight of the world's top 20 countries as sources of marine debris are from Asia—China, Indonesia, the Philippines, Vietnam, Sri Lanka, Thailand, Malaysia, and India (Jambeck et al., 2015). In other words, the Asia-Pacific region is now recognized as a hotspot of plastic pollution of the oceans. These countries are facing typical challenges...
Commissioned Report

平成31年度インドネシア国ボゴール市における電力モニタリングデータおよび低炭素効果評価手法の活用に関する会議開催支援委託業務

国立研究開発法人国立環境研究所(以下「NIES」という。)では環境省より「平成31年度二国間クレジット(JCM)推進のためのMRV等関連するインドネシアにおける技術高度化事業委託業務」(以下、「MRV事業」という。)の委託を受けて、インドネシア国における都市型エネルギー消費量計測・集約・共有装置(以下「電力モニタリングシステム」という。)及び統合評価モデルを利用した低炭素技術の効果推定手法の開発を行っていた。これをより同国の状況に適した利用性の高い手法とするため、電力モニタリングシステムの利用者及び運営機関、インドネシアの関係省庁及び研究機関の関係者とNIESが行う会議の開催及び手法改良の検討を支援することを目的とした。地球環境戦略研究機関(IGES)は...
Non Peer-reviewed Article
In MASHING UP
オンラインメディアで、女性から始めるダイバーシティをキーワードに、働き方やダイバーシティ、ジェンダー平等などを扱う記事などを載せているMASHING UPからの依頼に基づき、IGESでは、SDGs & Meという連載を展開しています。 本記事は、その一環として都市をテーマに、「一人ひとりが変わるとまちが良くなる。みんなでやるともっと良くなる」という切り口から個人がどう都市の持続可能性に貢献できるのか、取り上げました。
Policy Report
Author:
Kaye
Patdu
Elsa
Lefevre
Arnico
Panday
Bjarne
Pederson
Dang
Espita
Adelaida
Roman
Hooman
Farzaneh
Ittipol
Pawarmart
Supat
Wangwongwatana
Virender
Duggal
Zacharias
Malik
Chris
O'Malley
Johan
Kuylenstiern
Kevin
Hicks
Markus
Amann
Zbigniew
Klimont
Janusz
Cofala
The ACP White Paper 2020 offers policymakers pragmatic recommendations on how they can mobilise finance, strengthen policies, and build capacities to implement at scale many of the 25 solutions in UNEP’s Air Pollution in Asia and the Pacific: Science-based Solutions.