Results 1 - 10 of 6996 (Sorted by date)
Working Paper

2020年9月22日に開かれた国連75周年総会の一般討論演説において、中国習近平国家主席は、「2030年より前に二酸化炭素の排出のピークを達成し(2030年ピーク目標)、2060年より前に炭素中立(ネットゼロ、2060年目標)を達成するように尽力」することを表明し、国内外からの大きな注目を集めた。

 2060年目標を表明した背景と今後の見通しについて検討すべく、本稿は、「1. 2020年がもつ戦略的タイミングの意義」、「2. 2060年目標設定の背景にある戦略的思考」、「3. 今後の見通し」、の3点について深堀する。

Peer-reviewed Article
In ISPRS International Journal of Geo-Information
Author:
Saeid
Gharechelou
Ryutaro
Tateishi
Josaphat
Sumantyo

Soil moisture is a critical component for Earth science studies, and Synthetic Aperture Radar (SAR) data have high potential for retrieving soil moisture using backscattering models. In this study, polarimetric SAR (PALSAR: Phased Array type L-band Synthetic Aperture Radar) data and polarimetric decompositions including span, entropy/H/alpha, and...

Presentation

2021年10月15日に開催される「気候変動ウェビナーシリーズ:「COP26直前 パリ協定第6条基礎講座」でIGES高橋 副ディレクターの発表資料となります。COP26の焦点ともなるパリ協定第6条、市場メカニズムに関するルールについて解説します。

Issue Brief

The world's major investors, banks and other financial institutions are taking note of the upcoming 26th meeting of the Conference of the Parties (COP26) to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) to be held in November 2021, and they are committing to take actions in line with the Paris Agreement on Net Zero. At the same...

Keywords:
Policy Report

The ASEAN State of Climate Change Report (ASCCR) provides an overall outlook of the state of play of climate change issues in the ASEAN region. ASCCR is also a forward-looking report, which includes recommendations on making the transition toward 2030 and on to 2050 for both adaptation and mitigation, considering ASEAN’s development context and the...

Translation of non-IGES Material

森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は、「国際的に合意されたルールに則り、2度目標に適うべく、2020年以降の気候に関する世界的な合意の一部として、森林減少と森林劣化による排出量の削減を2015年に合意すること」である。国際的な気候アジェンダにおいて森林が極めて重要な役割を果たすということが、パリ協定に明記されたことで、森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は達成されたことになる。しかし、気候危機を緩和するためには森林が不可欠であるという国際的な認識にもかかわらず、世界中で森林減少と劣化が続いており、世界的に森林の保護、回復、持続可能な管理がかつてないほど急務となっている。そのため、NYDFアセスメントパートナーズは、世界の森林の保護、回復...

Discussion Paper

Intensifying ecological crises, such as climate change, the melting Arctic, and uncontrolled destruction of habitat and biodiversity, are increasingly exposing the shortcomings of resource-intensive development models. One of the concepts helping policymakers steer a course change is sustainable consumption production and consumption (SCP). A...

Keywords:
Peer-reviewed Article
In Environmental Research Communications
Author:
Mrittika
BASU
Shalini
Dhyani

With the increasing spread of the Covid-19 pandemic, restrictions on public life were strengthened across the world. Non-pharmaceutical interventions like stay-at-home orders, cancellations of events, work from home, etc. are the first line of defense to combat the spread of highly transmittable infections like Covid-19. But these interventions...

Issue Brief

世界の主要な投資家や銀行などの金融機関は、202111月に開催される国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第26回締約国会議(COP26)に注目しつつ、「パリ協定」や「ネット・ゼロ」に沿った行動をとることを約束している。これと並行して、投資家や金融機関の間では、生物多様性に関連する投資ポートフォリオのリスクを懸念する声が高まっている。これは、気候変動と生物多様性の間に重要な関連性、すなわち、相乗効果やトレードオフがあることや、生物多様性の破壊を含む生態系への人間の影響がCOVID-19のような感染症の拡大に関係している可能性が認識されつつあるためと考えられる。本イシューブリーフでは、政府や投資家が事業者と連携して生物多様性の保全にさらに資金を振り向けるために求められる行動について整理する。

...
Keywords:
Policy Report
Author:
Thi Bich Hien
Nguyen
Phu Song Toan
Pham
Thi Kinh
Kieu
Costas Velis
Josh Cottom
Janet Salem
Andrew Charles
Alexander Lee-Emery
Abigail Smith
Curt Garrigan

This Policy Report forms part of the output from the project: "‘Closing the Loop: Innovation and Scaling Up to Solve the Problem of Plastic Pollution in Marine Areas in ASEAN Cities", supported by  the Government of Japan. The report provides scientific-based evidence on the status of plastic pollution in Da Nang, in order to guide the development...