Results 1 - 10 of 1215 (Sorted by date)
Discussion Paper

Hydrogen is a potentially transformative multi-functional fuel that could help many countries achieve ambitious decarbonisation targets. High concentrations of heavy industries and rising transport emissions make hydrogen’s potential particularly enticing in Asia. However, hydrogen’s widespread deployment requires assessing multiple dimensions of...

Presentation

2021年11月26日に開催されたISAP2021 テーマ別会合2「パリ協定第6条の交渉結果と今後の炭素市場の展望」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。COP26のパリ協定第6条の結果と今後の展望について解説しています。

当日のウェビナーリンク:https://isap.iges.or.jp/2021/jp/t2.html

 

Presentation

2021年11月25日に開催されたエコプロ Online セミナー「COP26の成果と今後の課題および展望」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。COP26の合意内容及び結果、また、今後の脱炭素に向けた展望を解説しています。

エコプロ Onlineセミナーリンク:https://eco-pro.com/2021/ecoproonline/002131.html

PR, Newsletter or Other
Side Event at the COP26 Japan Pavilion: Mutual Learning Program for Enhanced Transparency: capacity building for reporting under Article 6.2 and 13

Many countries have been making efforts to improve their capacities and prepare for the transition to the enhanced transparency framework (ETF) under the Paris Agreement. To promote these efforts, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and the Ministry of the Environment, Japan (MOEJ) have been conducting the Mutual Learning...

Discussion Paper

The objective of this paper is to explain elements that are related to credit credibility and high quality carbon credits to buyers (private companies) who are considering the use of offset credits. These elements could serve as a general guidance and should be considered when purchasing offset credits from voluntary carbon markets (VCMs). In...

Presentation
The Challenging Issues of Environment/Climate Change Institution and Policy under SDGs Regime

Many countries have been making efforts to improve capacity for reporting on their climate actions and support internationally. To make a shift to the Paris Agreement's enhanced transparency framework, areas for further actions include as to how to ensure successful capacity building cases be spread even for countries with currently low capacity.

...
Discussion Paper

2030年46%削減目標と2050年炭素中立(Carbon Neutrality)実現に向け,日本はエネルギー政策の舵を新たに切り直した.そしてそれへの日本政府の回答である新しい第6次エネルギー基本計画(エネ基)およびその設計図としての2030年エネルギー需給見通しが策定された.本論考では,この「第6次エネ基をどう理解し,どう捉え,どう前進するか?」を考えるという目的から,2030年と2050年のタイムフレームに関して,9つの視点での分析と5つの提案を行う.これによって,今後のエネルギー政策を,的確かつ機動的にデザインと運用していく一助となることを期待している.

まず,2030年の絵姿の分析としては,46%削減(平均3.5%/年削減...

Report Chapter
In UNEP Emissions Gap Report
Author:
Takeshi
Kuramochi
den Elzen
Michel
Fransen
Taryn
Glen
Peters

The Emissions Gap Report 2021: The Heat Is On is the 12th edition in an annual series that provides an overview of the difference between where greenhouse emissions are predicted to be in 2030 and where they should be to avert the worst impacts of climate change.

Translation of non-IGES Material
Author:
World Business Council For Sustainable Development

持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が2021年5月に発表した「Vision 2050 :Time to Transform」(「ビジョン2050」)のエグゼクティブサマリー日本語翻訳版。サステナブルな世界の実現に向けたビジネスの役割を探求した最初の「ビジョン2050」が2010年に作成されてから10年が経過する中、生態系・社会の重大な転換点に近づく危機にありながらも、世界は依然として従来の枠組みに留まり、変革が進んでいない状況にある。WBCSDでは、2年間の議論を経て今回「ビジョン2050」を更新し、今世紀半ばまでに90億人以上がプラネタリー・バウンダリー(地球の限界) の範囲内で真に豊かに生きられる世界を実現するTransformation(大変革...

Translation of non-IGES Material
Author:
World Business Council For Sustainable Development

持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が2021年5月に発表した「Vision 2050 :Time to Transform」(「ビジョン2050」)の日本語翻訳版。サステナブルな世界の実現に向けたビジネスの役割を探求した最初の「ビジョン2050」が2010年に作成されてから10年が経過する中、生態系・社会の重大な転換点に近づく危機にありながらも、世界は依然として従来の枠組みに留まり、変革が進んでいない状況にある。WBCSDでは、2年間の議論を経て今回「ビジョン2050」を更新し、今世紀半ばまでに90億人以上がプラネタリー・バウンダリー(地球の限界) の範囲内で真に豊かに生きられる世界を実現するTransformation(大変革)に向けた道筋を明らかにした。企業が今後10年間...