Results 1 - 10 of 23 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Forests
Author:
Sachchidanand
Singh
Harikesh
Singh
Vishal
Sharma
Vaibhav
Shrivastava
Shruti
Kanga
Netrananda
Sahu
Gowhar
Meraj
Majid
Farooq
Suraj Kumar
Singh

Forests are an important natural resource and are instrumental in sustaining environmental
sustainability. Burning biomass in forests results in greenhouse gas emissions, many of which are longlived.
Precise and consistent broad-scale monitoring of fire intensity is a valuable tool for analyzing
climate and ecological changes related to fire...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Peer-reviewed Article
In 21st Conference of International Input-Output Association

From 1971 to 2010, world trade grew fast by 10% per year on average (World Trade Organization 2011). The rapid growth of international trade contributes not only national economic growth but also increasing environmental pressures, such as raw material extraction and depletion, carbon emissions, water resource deterioration and landscape change and...

Peer-reviewed Article
In Journal of Forest research

Currently, many researchers argue in favor of decentralization, as it facilitates more locally based and innovative forest policy. However, many local government administrations, especially those of municipalities, lack sufficient resources to function efficiently under a decentralized regime. There is an urgent need to reassess administrative...

Presentation
オンラインセミナー:クリーンウッド法は世界の動きをどう取り入れるか? 違法伐採から森林減少防止へ ~施行5年後見直しを機に考える~

ドイツとオーストラリアは、違法に伐採された木材の輸入を規制する法律を施行している。その規制において、事業者はどのようなデューデリジェンスの実施が求められているのか、また政府はその法律をどのように運用しているのかについて紹介した。ドイツは事業者のデューデリジェンスの結果に対して厳格な検査を実施することによって、オーストラリアは事業者のデューデリジェンスの理解を促進することによって、違法に伐採された木材の流通を回避しようとしていた。日本のクリーンウッド法の運用においても、法律の目的である違法伐採木材の流通を防止するために効果的な法運用を行う必要がある。

Commissioned Report

事業概要

① 生産国の現地情報収集事業

木材関連事業者が取り扱う木材等の合法性の確認を適切に実施できるよう、生産国(カメルーン、ガボン、モザンビーク)における木材の流通や関連法案に関する情報を収集し、「クリーンウッド・ナビ」に掲載できる形に取りまとめる。

② 追加的措置の先進事例収集事業

木材関連事業者が取り扱う木材等の合法性の確認のうち追加的な情報収集を適切に実施できるよう、違法伐採対策の関連法令が整備されている国(アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア)のリスク低減に係る先進事例を調査し、「クリーンウッド・ナビ」に掲載できる形に取りまとめる。

Presentation

オーストラリア② <先進事例:違法伐採禁止法>

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会において、先進事例としてオーストラリアの違法伐採対策について発表した。

Commissioned Report
Preliminary Focus Group Study: Australian Farmer Attitude to On-farm Risk Management and Insurance

Preliminary Focus Group Study: Australian Farmer Attitude to On-farm Risk Management and Insurance

Author:
Jay Cummins, IAFD
Ashley Lipman, IAFD
Heather Feetham, IAFD

Three focus group workshops were conducted in June 2014 across Australia, in order to assess farmer attitude to managing risk on-farm, and the role of current insurance products for agriculture. The focus group workshop research proved to be a worthwhile exercise in firstly engaging with farmers and exploring their ideas and attitudes towards risk...

PR, Newsletter or Other

「アジアの環境重大ニュース」は、IGESが1998年の設立以来、その研究ネットワークを生かして毎年末に発表しているものである。2010年度版では、アジアにおける重要な環境トピックとして「地球温暖化」「生物多様性」「持続可能な消費と生産」の3つに焦点を当てて、アジア太平洋地域の国際機関・21カ国からニュースを収集した。

Remarks:

English version is available at:
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=3144

PR, Newsletter or Other

With the goal of reporting environmental issues and actions on the formation of sustainable societies in the Asia-Pacific region, since 1998 the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) has gathered and compiled news on environmental issues and policies and released them annually as the top environmental news in the Asia-Pacific.

This...