Results 1 - 10 of 1497 (Sorted by date)
Book Chapter
In Assessing, Mapping and Modelling of Mangrove Ecosystem Services in the Asia-Pacific Region
Author:
Shizuka
Hashimoto
Huang
Wanhui

This chapter contributes to a comprehensive understanding of the island socio-ecological system by a synthesis of the state and trend of, and the drivers of changes in ecosystems and their services, focusing on mangroves in Ishigaki Island. The current extent of mangroves on the Island is limited to small patches along a few river estuaries, which...

Peer-reviewed Article
In Earth

Although environmental sustainability provides a foundation for maintaining economic and social sustainability, it is often neglected in favor of economic sustainability. Ameliorating water impairment is costly, and policymakers do not always prioritize this problem because its economic benefits are often intangible. This study explored the...

Issue Brief

本稿の目的は、ガイドライン改訂の背景と改訂点について整理するとともに、検討会での議論等も参考として、日本におけるグリーンボンド等市場の質の確保と量の拡大を図っていく上での提言を行うことである。また、本稿により、本ガイドラインが市場関係者に伝えたいメッセージをより明確にできることを期待する。以下は、その提言の概要である。

  • 提言1:グリーンボンドにおいて、個別のグリーンプロジェクトのみならず、同ボンドを発行する企業(事業体)としてのグリーン戦略(あるいはサステナビリティ戦略)等についても情報開示を促進し、さらに資金調達のグリーン化もはかる。
  • 提言2:日本においてトランジション・ファイナンスのニーズが高まるなかで...
Peer-reviewed Article
In ISPRS International Journal of Geo-Information
Author:
Liang
Zhou
Lei
Ma
Ziyun
Yan
Feixue
Li
Manchun
Li

Accurate urban morphology provided by Local Climate Zones (LCZ), a universal surface classification scheme, offers opportunities for studies of urban heat risk, urban ventilation, and transport planning. In recent years, researchers have attempted to generate LCZ maps worldwide with the World Urban Database and Access Portal Tools (WUDAPT). However...

Policy Report
Author:
Akira
Doi
Yoshiko
Shoji
Haruko
Uchida
Asako
Osaki
Mariko
Saito
Emi
Sugawara
Shinya
Fujino

Based on the results of a survey conducted in October-November 2021, this report provides an analysis of the level of awareness and penetration of the SDGs among GCNJ member companies and organisations, as well as progress on five of the global goals: SDG 5, (Gender Equality), SDG 8 (Decent Work and Human Rights), SDG 13 (Climate Change), and SDG16...

Keywords:
Book Chapter
Author:

 世界経済の成長センターとなってきた東アジアが様々なリスクにさらされています。緊張が高まる台湾海峡や朝鮮半島といった伝統的な安全保障リスクだけではありません。中国の台頭などによるパワーシフトと戦後の国際秩序の揺らぎが地政学的リスクを増大させ、「新冷戦」とも称される米中の大国間競争の影響が地域の経済や産業、科学技術、文化、教育など多方面に及び始めています。米ソの冷戦の最前線が欧州だったのに対し、「新冷戦」の最前線は東アジアだとの見方があります。
 この地域の著しい技術革新や産業経済の発展自体も新たなリスクをもたらしています。人工知能(AI)などのデジタル技術の発展はさらなる経済成長のエンジンとなる一方、人々の想像を超えて、経済社会の在り方そのものを変える可能性があります...

Issue Brief

This IGES Issue Brief is an update of policy developments related to sustainable finance in Japan between February 2022 and April 2022.

In this period, policy work pertaining to sustainability-related disclosure continued on multiple fronts. At the Financial Services Agency (FSA), the ‘Working Group on Corporate Disclosure of the Financial...

Issue Brief
Author:

The long-standing relationship between Japan and India forms a favourable precursor for the countries to collaborate further under the Article 6 mechanisms of the Paris Agreement. While Japan’s support to India for promoting low-carbon technology and clean energy use can help minimise carbon emissions, the partnership will in turn give greater...

Discussion Paper

兵庫県内の事業所を対象とする質問票調査を踏まえて、事業所における屋根上太陽光発電(PV)の導入状況と導入障壁を分析し、その克服策について検討した。まず、事業用電力の調達価格の分布から、多くの場合において太陽光発電の導入による自家消費が経済的なメリットを持ちうることを確認した。また、2021年8月時点で既にPVを導入している事業所は22%であり、導入していない事業所のうち6割以上は空き屋根スペースが十分にありPVの導入可能性があることが分かった。

また、空き屋根スペースが十分にある事業所においても、PV導入への関心が無い、屋根の状態が悪い、などPV導入の障壁となりうる状況がまちまちであり、障壁に応じたきめ細やかな対応が重要であると考えられる。潜在的な導入先を3つのセグメントに分け...