Results 1 - 10 of 19 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In 21st Conference of International Input-Output Association

From 1971 to 2010, world trade grew fast by 10% per year on average (World Trade Organization 2011). The rapid growth of international trade contributes not only national economic growth but also increasing environmental pressures, such as raw material extraction and depletion, carbon emissions, water resource deterioration and landscape change and...

Peer-reviewed Article
In IRES Vol.7 No.1
Author:
Tolentino Jr., Amado S.

Local people contribute much to wetland conservation, and the Pacific island countries offer invaluable information demonstrating the cultural value of wetlands vis-à-vis sustainable livelihoods. Drawing primarily on examples from Papua New Guinea, the Solomon Islands and Fiji, but generalizing for many of the Pacific countries, this paper argues...

PR, Newsletter or Other

With the goal of reporting environmental issues and actions on the formation of sustainable societies in the Asia-Pacific region, since 1998 the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) has gathered and compiled news on environmental issues and policies and released them annually as the top environmental news in the Asia-Pacific.

This...

PR, Newsletter or Other

The Institute for Global Environmental Strategies (IGES) has been releasing a collection of the top news items on the environment in the Asia-Pacific region every year since 1998. This has been with the aim of collecting and organising information about environmental issues and policy trends in the region, and to report on how the region addresses...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Presentation

オーストラリア② <先進事例:違法伐採禁止法>

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会において、先進事例としてオーストラリアの違法伐採対策について発表した。

Commissioned Report

平成29 年5 月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)が施行された。また、平成29 年11 月から、同法に基づく木材関連事業者の登録が開始された。
このような背景の中、木材関連事業者による木材等の合法性確認等の取組を一層推進するため、本事業が実施された。本事業の目的は、木材関連事業者が効率的に木材等の合法性確認等の取組を実施できるよう、生産国における木材の流通や関連法令に関する情報を収集することである。
調査対象国は、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ロシア、ベトナム、中国の計5カ国であり、それぞれの国において木材流通状況、関連法令・許認可制度、その他参考情報等が収集された。

PR, Newsletter or Other

「アジアの環境重大ニュース」は、IGESが1998年の設立以来、その研究ネットワークを生かして毎年末に発表しているものである。2010年度版では、アジアにおける重要な環境トピックとして「地球温暖化」「生物多様性」「持続可能な消費と生産」の3つに焦点を当てて、アジア太平洋地域の国際機関・21カ国からニュースを収集した。

Remarks:

English version is available at:
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=3144

PR, Newsletter or Other

The 2009 edition of "Top News on the Environment in Asia" highlights three areas of significance for Asia under the section headings Global Warming, Biodiversity, and Sustainable Consumption and Production, and reports the important developments of 2009 as selected, for their own countries and for the region, by environment experts from...