Results 1 - 10 of 21 (Sorted by date)
Data or Tool

IGES JCM Database provides detailed information on the JCM MRV methodologies, projects, feasibility studies, and decision-making processes. The JCM is implemented by the Government of Japan with 17 partner countries; Mongolia, Bangladesh, Ethiopia, Kenya, Maldives, Viet Nam, Lao PDR, Indonesia, Costa Rica, Palau, Cambodia, Mexico, Saudi Arabia...

Commissioned Report

本調査では、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランド及びフランスの 5 カ国を対象に、各国の持続可能な開発目標(SDGs)の①実施体制、②進捗状況の評価方法、③その 他独自の取組を調べた。これらの国は持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団が発表している SDG 指数等、SDGs の進捗状況に関する世界ランキ ングで常に上位につけている。これらの国の実施体制や進捗状況の評価方法等を理解する ことは、日本を含む他の国々における SDGs の実施を強化するのに有益と考えられる。 調査は、机上調査と聞き取り調査を組み合わせる手法をとった。机上調査では、各国の自発 的国家レビュー(VNR)、SDGs 行動計画、その他の関連文書を精査した。さらに、5...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Commissioned Report

平成25年度生物多様性分野の代償措置に関する評価手法等調査業務 報告書

Author:

Biodiversity offset policy indication in Japan based on the experiences in Japan, the US, Australia and Europe

Presentation

資源生産性指標の政策応用に関する国際的動向およびアジアへの示唆

持続可能な資源管理とアジア ‐UNEP資源パネルの議論を中心に‐
Policy Report

This report summarizes the current situations and challenges that developing Asia faces in introducing Extended Producer Responsibility (EPR). It also discusses various problems experienced by Japan, Korea and Taiwan after the introduction of EPR mechanisms prior to other Asian countries. It then explores issues related to international resource...

Report Chapter

Introduction (Chapter 1)

In Extended Producer Responsibility Policy in East Asia - in Consideration of International Resource Circulation -
Report Chapter

The Emerging Need for Sharing Environmental Product Information and Reconsidering the Producers' Informative Responsibility

In Extended Producer Responsibility Policy in East Asia - in Consideration of International Resource Circulation -
Presentation
5th Internatonal Conference on Industrial Ecology "Transition Towards Sustainability", 21-24 June 2009, Lisbon, Portugal

The presentation summarizes the main findings of an international collaborative study/survey titled “EPR Policy in East Asia in consideration of International Resource Circulation” which will be published as a report in 2009. The study mainly focused on the application of EPR principles to the management of used electric and electronic products (e...

Conference Proceeding
Editor:
Hermann E. Ott
Karin Holl

"Climate Policy 2005 and Beyond: Japanese-German Impulses" was held on 1 November 2005 in Tokyo as part of the events taking place during the Germany year in Japan 2005/2006. This conference, commissioned by the German Federal Ministry for the Environment, Nature Conservation and Nuclear Safety (BMU) was co-organised by the Wuppertal Insititute for...