Results 1 - 10 of 117 (Sorted by date)
Book Chapter
Author:

 世界経済の成長センターとなってきた東アジアが様々なリスクにさらされています。緊張が高まる台湾海峡や朝鮮半島といった伝統的な安全保障リスクだけではありません。中国の台頭などによるパワーシフトと戦後の国際秩序の揺らぎが地政学的リスクを増大させ、「新冷戦」とも称される米中の大国間競争の影響が地域の経済や産業、科学技術、文化、教育など多方面に及び始めています。米ソの冷戦の最前線が欧州だったのに対し、「新冷戦」の最前線は東アジアだとの見方があります。
 この地域の著しい技術革新や産業経済の発展自体も新たなリスクをもたらしています。人工知能(AI)などのデジタル技術の発展はさらなる経済成長のエンジンとなる一方、人々の想像を超えて、経済社会の在り方そのものを変える可能性があります...

Policy Report
ESCAP/North- East Asian Sub-regional Programme for Environmental Cooperation
Author:
Yang
Li
Meian
Chen
Diego
Montero
Ben
Abraham
Sangin
Kang

This report analyses and compares the low carbon city policies and practices of China, Japan, and the Republic of Korea, with the goal of identifying sector-specific and city-specific good practices that may be instructive to researchers and policymakers in the wider NEA region. It examines key national-level carbon mitigation policies and sector...

Book Chapter
In Scenarios of Environmental Resilience and Transformation in Times of Climate Change: Effects and Lessons from the COVID-19

Five years after the SDGs were adopted and just when the United Nations called for realising the Decade of Action, the COVID-19 pandemic halted the progress of the SDGs and even reversed some of the achievements that the world made over years. With most countries struggling to overcome the pandemic and revive the economy, losing the focus on the...

Working Paper

キーポイント

- 韓国の国内排出量取引制度は、5つ部門20以上の業種を対象にして、国の温室効果ガスの約70%をカバーする気候変動政策の中核な制度である。
- 同制度の導入根拠は、2010年制定された「低炭素グリーン成長基本法」により定められ、同法は、温室効果ガス削減のために市場メカニズムに基づく炭素市場及び排出枠取引の活用を強調しながら、今後の国際市場との連携についても念頭にしている。
- 同制度の基本方向及び制度設計について「排出量取引制度基本計画」に盛り込まれており、温室効果ガス削減目標の費用効果的な達成のための排出枠割当に関する事項は「国の排出枠割当計画」によって提示されている。
- 環境部が同制度の主務部庁として、(企画財政部と共同で)基本計画策定、割当計画策定...

Research Report

While being broadly framed as 17 separate and diverse elements, Sustainable Development Goals (SDGs) and associated targets inherently interlink with one another making up indivisible parts of sustainability from a systemic perspective. Actions or measures taken for achieving one goal may be mutually reinforcing or contradictory with achieving...

Peer-reviewed Article
In Journal of Cleaner Production
Author:

Responding to the climate change, Korea has been establishing a domestic policy framework for promoting energy saving and greenhouse gases reduction, with the expansion of low carbon technologies for industry as a key area. This paper analyzes investment barriers for low carbon technology investment and suggests supportive policies based on a...

Book Chapter
In "Economic Instruments to Combat Climate Change in Asian countries: Choice between Emission Trading Scheme and Carbon Tax."
Author:

he Republic of Korea (hereinafter referred as Korea) was the world’s seventh largest CO2 emitter in 2010. Its greenhouse gases (GHG) emissions have greatly accelerated since 1990 and this upward trend are far more significant than in other OECD countries (OEDC: Organisation for Economic Cooperation and Development). Korea entered the United...

Non Peer-reviewed Article
In 2021年度アジア研究報告書 (日本経済新聞社からの受託研究)「東アジアリスクと日中関係」
Author:

温室効果ガス排出を実質ゼロにするネット・ゼロ目標の達成に向け、日本、中国、韓国の3カ国がともに再生可能エネルギー(再エネ)や水素エネルギーの導入に力を入れている。  

中国は、再エネ資源が豊富な内陸部と再エネ需要の高い沿岸部地域を結ぶ延べ4万8000キロメートル以上の特高圧長距離送電網を整備し、再エネ資源の大規模開発を行っている。

 日本と韓国は中国に比べ、再エネ開発ポテンシャルや二酸化炭素の国内貯蔵能力において制限が多く、大胆な水素戦略の策定の障壁となっている。

日中韓3カ国の再エネポテンシャルや二酸化炭素の国内貯蔵能力などを考慮すると、日中韓3カ国による水素経済圏の構築の可能性を含め、協力に向けた知恵が求められる。

Peer-reviewed Article
In Critical Issues in Environmental Taxation.

This study discussed two topics; one is to monitor the opinions of Korean companies to various aspects of GHG ETS, and other is to identify the difference in companies’ viewpoints due to their characteristics in organizational size, sector and ownership. This analysis was carried out in a qualitative manner using the 66 data collected by a...

Policy Brief

日中韓の3カ国の炭素価格制度の実施可能性を、エネルギー消費の多い企業を対象とした研究調査をもとに議論しています。炭素価格の引き上げが省エネ技術の導入を加速化させ、企業が一定水準の価格を受け入れることを明らかにし、各国への具体的な政策提言を示しています。

Remarks:

English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=5260