Results 1 - 10 of 425 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 新型コロナパンデミックは中国の⼤気環境を改善したか︖
今年第⼀四半期に中国で⼤流⾏した新型コロナウイルス感染症の影響により、中国の⼤気汚染が具体的にどの程度改善されたのかについて、中国政府が公式に発表している⼤気環境モニタリングデータを⽤い、地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明がマクロ的に考察した結果を紹介。
Non Peer-reviewed Article
In 中国における新型コロナウイルス感染症の流行と大気環境の改善に関するマクロ的な考察(速報)
中国において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、都市封鎖や外出等の制限が行われた2020年2月及び3月の大気汚染の状況について、流行前の状況及び前年同期の状況と比較した。単純な比較では25~38%程度改善されていたが、流行前後の季節変化による影響や毎年の大気汚染対策の進展による改善効果等を考慮して改善の程度を推定すると、新型コロナウイルス感染症の流行による社会経済活動の縮小により大気環境が20%程度改善されたのではないかと推計された。
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第59回/April 2020 Global Net Series
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
Data or Tool
National policies to achieve the SDGs may lead to inequitable development at the sub-national levels. The research project "River basins as 'living laboratories' for achieving the SDGs across national and sub-national scales", collaborated among University of Glasgow (UK), Loughborough University (UK), Nankai University (China) and the Institute...
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第58回/February 2020 Global Net Series
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
Peer-reviewed Article
In Carbon Management
Author:
Hidenori
Niizawa
Daisuke
Hayashi
China announced the launch of a national emissions trading scheme (ETS) in December 2017 for the regulation of its carbon dioxides emissions. In emissions trading, China is likely to encounter issues different from those encountered by the European Union and other developed countries. This study first identifies the contextual factors that...